ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

エリティエールがまさかの勝ち上がり

ルージュバックの半妹、エリティエールが未勝利を勝ちました。
脚に違和感があるような厩舎コメントも出ていて
「勝ち上がりは厳しいだろうな」と覚悟していたけれど、
新潟で見違えるような末脚を見せての勝利。
こういうこともあるんですね。
体調が良くなったらまだまだ活躍できそう。
新潟と府中の専用機になりそうだけど、それで良し。

3歳世代の出資馬はエリティエールとイムノスだけ。
次週はもう一頭のイムノスが登場。
もう一戦できるとしても、ほぼラストチャンス。
ここも新潟でなんとか勝ち上がって欲しい・・・
サンクコストだけど、募集額7,000万の馬で未勝利だと寒い。
人の高額馬が未勝利で終わるのを横で見る分にはいいけど、自分で食らうとツラい。
これからは1/40の高額馬に出資することもないので、イムノスが最後の夢。
とにかく勝ち上がってくれー。


さて、長女の方はここまで順調。
良く笑うしとにかくかわいい。
「自分の子がかわいくなかったらどうしよう・・・」
「子供に興味ないけど、自分の子ならかわいく思えるのかな?」
と親になる前は思っていたけれど、杞憂でした。
ここ2,3ヶ月でショッピングセンターに外出するようになって
赤ちゃんの姿も良く見るようになったけど、
だいたい長女が一番かわいいです。
客観的に見て長女の「かわいい偏差値」はかなり高いように思える。
健康、性格、勉強はもちろんだけど、
ルックス的にこれからどう育っていくのかが楽しみすぎます。

来月に検査入院があり、手術への準備が始まる。
とにかく体調を崩さないようにいきたい。
長女は一度も体調を崩したことがないけれど、自分が秋にだいたい体調崩すので
そこには気を付けなければ。
昨年は出産前に肺炎になって地獄を見た&妻に迷惑かけまくったので・・・

育児のペースにも慣れてきたので、ブログもちょこちょこ更新したいと思います。



一口馬主 ブログランキングへ



【育児】6か月目

御無沙汰しています。
育児の波にさらされていました。
現在6か月だけど、予想以上に大変。
「恒常的に泣く」という状態は3ヶ月か4ヶ月で脱するも、
いわゆる寝グズりがすごい。
普通に抱っこしても、歌をうたっても、おもちゃを使っても泣き止まない。
抱っこひもを使って抱っこするとおとなしくなるケースが多いので、
それでなんとか凌いだり・・・
自分は平日は仕事で離脱している時間が多いけれど、妻が大変ですね。
四六時中一緒なので負担が多く、育児うつ状態に。
そういう意味でも心が休まらない日々が続いています。
義母に泊まり込みで来てもらったりしてだいぶ助かっている。
多少は気を使うにしても、プラス効果の方が断然多いです。
義母が来ていない時は自分が娘と一緒に寝て、
妻を一人にしてあげるようにしています。

ましかし、自分の方はかわいいばかり。
表情が豊かでよく笑うし。
女の子ってこともあり、甘やかしています。
今週からはいはいで前に進むことができるようになってきました。
おすわりはまだですね。

そして、自分の異動があり首都圏に引っ越すことになりました。
娘も日本で一番の病院に行けることになったので、非常にありがたい。
手術に向けて引き続き頑張っていきたいと思います。


IMG_2680


一口馬主 ブログランキングへ




【育児】集中練習

娘はいまだ入院中で、妻は2週間泊まり込みで合宿状態。自分も年末年始休暇の5日間、ひたすら病院に通った。1日6時間~8時間×5日間連続だったので、かなり経験値が上がった感がある。

なんといっても「あやす」「泣かせない」スキルを身につけることができた。赤ちゃんでも意外に起きている時間が長いのだが、 抱っこしていても油断するとすぐ泣く。この前までは娘が泣きだしてギャン泣き状態になったらオロオロするしかなく、妻に「ごめん、頼む!」とお願いするしかなかった。娘を妻に渡しただけで泣き止むことも結構あったし、そうでなくても妻は揺らしたりスクワットしたりしてうまく収めていた。どうしても泣き止まない時は「おっぱいを吸わせる」という最強カードで解決。

自分は戦力になれず不本意だったのが、娘と一緒の時間を過ごすことでだいぶパターンがわかってきた。泣く時の流れが決まっているのである。
「顔が赤くなる・表情が渋くなる」→「咳き込みだす」→「泣きだす」→「そこそこ泣く」→「ギャン泣き」

ご機嫌状態から一瞬で上記のように進行してしまうことも多い。特にギャン泣きモードは危険で、ここになるとおっぱい無しで止めるのが難しくなる。コツとしては、できるだけ初期のフェイズで消火すること。できれば咳き込みだしたところ、遅くても泣きだした瞬間ぐらいで止めにいく。このフェイズなら、立て揺れを少し強くしたり、おもちゃで気をそらしたりすればだいたいおさまる。「育児のコツは赤ちゃんの気をいかにそらすか」と何かのマンガで読んだが、わずかな育児体験で既にそれを実感。

一時期は赤ちゃんが泣き止む音(心臓音・胎内音など)などを活用していたが、今ではそれがなくても大丈夫。ミルク飲ませやオムツ交換も何回かやって、自信を持って娘の相手ができるようになった。妻がシャワーやコンビニ行きでいなくなる時間も問題なし。これなら家に帰ってきてもなんとかやれそうだ。お風呂は退院して家に帰ってきてからやるので、それがどうか。順調にいけば、もう数日で待望の退院。楽しみである。


一口馬主 ブログランキングへ


 
アクセスカウンター

    最新コメント