ペチョーリンblog

一口馬主(サンデー・キャロット・シルク・東サラ)・映画

【育児】出産前最後の循環器診察

赤ちゃんについて小児循環器の診察があり、自分も立ち会った。先生がエコーで20分程度ひたすら確認。

内容はほぼ今まで聞いていたことと一致。ファロー四徴症はほぼ確定。出産については計画出産や帝王切開の必要はなく、通常通り。生まれた後にNICUで3週間から1か月程度様子を見る必要がある。治療計画は、状況に応じて色々なパターンがある。いずれにしても根治手術が必要なるが、ある程度成長しないとできないので、だいたい1歳になってから行う。肺動脈の狭窄の程度により、その前に姑息手術(一時しのぎ手術)が必要になるケースが多い。手術をするなら姑息手術・根治手術ともに同じ病院が良い。通常の移動は構わないが、飛行機での移動は推奨されない。

こんなことを確認できた。ネットや本で調べると、「指がバチ状になる可能性がある」ということも書いてあったが、「チアノーゼを放置しているとバチ指になる。ただ、最近はチアノーゼも程度を管理するのでバチ指にはならないと思う」とのこと。ちょっと安心。レアな病気ではあるものの、先生は慣れているようで「この程度ならどうとでもなる」という雰囲気を醸し出していた。頼もしい・・・
生まれた後に1か月家に帰ることができないのはかわいそうだが、そこはしょうがない。生まれた後はしばらく病院通いになりそう。後はあんまりギャン泣きさせるとただでさえ少ない酸素が更に欠乏してしまうっぽいので、やはりユラリズムオートかネムリラオートスイングを買うことにする。道具で軽減できることがあれば、なんでも投入したい。

ここで双方の親にも報告。自分の母は割とポジティブで、「なんとかなるでしょ」という感じ。ただ、健康食品とか好きなの親なので、変なものを送りつけてこないか心配。後は変な「先生」とかに行かないかどうか。怪しいものに金は使わず、直接現金支援だけして欲しいw 

そんなこんなで、後は通常の妊婦健診と出産あるのみ。無事生まれてくることを祈るだけです。


一口馬主 ブログランキングへ 

「君の名は。」「闇金ウシジマ君」など。

「君の名は。」が滅茶苦茶売れているらしい。 興行収入が100億円を超えそうだとか。

「いきなり入れ替わって生活できるわけないだろ」 「入れ替わって年がズレているの気付くだろ」 「バイト先の先輩が薄っぺらくて魅力がまったくない」 「主人公が典型的なリア充過ぎて感情移入できない」 「今までのツルゲーネフ的非モテの世界観・寝取られ展開はどこにいったの?」 「男女入れ替わり+タイムリープって無理矢理すぎ」 と違和感ありまくり。評価できるのは「俺は彼女いないんじゃなくて作らないだけ」という負け惜しみのセリフぐらいだったのだが、なぜか受けているらしい。なにしろ100億円。宮崎駿クラスで国民的映画と言っていいレベル。とはいっても、宮崎駿作品はエゴ丸出しで作家性が強い。ポニョにしても風立ちぬにしてもぶっ飛んでいた。ブランド力+宣伝ゴリ押しであそこまで売れるけれど、普通だったらたいして客も入らず一部の批評家にしか受けない内容。積み上げたものがあるから好き勝手に作れているだけで、あれが宮崎駿じゃなかったら他の人が止めている。新海誠はそこまでのブランド力はないので、ある程度「売れる」ものを作らないといけない立場。それゆえ今回のような作品になったのだろうか(そもそも、「売れるものを作ろう」と作って結果を出すこともなかなかできないことだけれども)。 これだけの爆裂ヒットを飛ばして、次は更に金が投入される立場になるはず。そこで無難に行くのか、尖った部分をいれていくのか。数年後になるだろうけれど次の作品が楽しみである。


さて、今日は「闇金ウシジマくん Part3」を映画館で鑑賞。自分としては「BIG」か「聲の形」の方が興味あったが、いつも自分チョイスが多いので今回は妻チョイスで。大きく二つのストーリーが並行して進展していくわけだけれど、一つがネットワークビジネスがテーマになっていて、それが面白かった。教祖が「ネットビジネスで起業しよう」と言って、情報商材を売りつけるというやつなのだけども。教祖のキャラクターがいかにもいそうで面白かった。お笑い要素がありながらも本質的にはダークな内容なので疲れました。暴力シーンもあり、胎教にも良くないのではなかろうか。客層も普段観に行っている映画とは違う感じ(ヤンキーっぽい人が多い)で面白かった。

ここからは「ハドソン川の奇跡」「シング・ストリート 未来へのうた」「何者」あたりを観たいけれど、そろそろ嫁さんが出産直前できつくなってくる頃なので、難しいかもしれない。家でDVDを観るのが好きでないので、できれば映画館で観たいところ。
 


一口馬主 ブログランキングへ 

【一口馬主】泣いてシルクを切る

セントライト記念はディーマジェスティ、ローズSはシンハライトが順当勝ち。両馬ともに本番につながる強い勝ち方でした。キャロットはリオンディーズが故障してしまったけれど、シンハライトなど強い馬が複数いて層が厚い。

自分の3歳世代はクラシック路線に乗ることもなく、次々と引退しています。ジュメイラリーフも勝てずに引退。これでシルクの出資馬はすべて引退した為、退会の手続きに入ります。2世代5頭に出資して勝ち上がりゼロ。マイナー血統ばかりだったとは言え、相性が悪かった。これからシルクの成績が伸びるのは見えているけれど、会費負担を考えるとやむをえない選択。泣いてシルクを切る。

次に切るのは東サラ。こちらは3歳世代のみ4頭出資して、既に3頭が引退。残っているのはレッドウィズダムのみ。この機会に東サラの3歳世代の状況を見たが、活躍馬と言えるのはレッドアヴァンセ、レッドエルディスト、レッドラウダぐらいか。レッドアヴァンセ以外の良血馬が軒並み苦戦している。これで当たりを引くのは相当難易度が高い。また、維持費・クラブ手数料が他クラブに比べて高く、賞品の売却代金が分配されないのも不満。一番決め手となったのが冠名があること。レッドなんちゃらという名前になった時点で思い入れが湧きづらいのです。よってこちらは時期が来たら躊躇なく退会の予定。

さて、ルージュバックが出走予定の毎日王冠まであと3週間。天皇賞のタイミングだと出産予定日直前で現地観戦は絶対無理だし、できれば今回行きたい。メンバーも揃っているけれど、チャンスもあると思うので。ただし行くとなると家庭的にも仕事的にも調整・交渉が必要な状況。どうしようかな・・・。


真田丸が面白い。昌幸・信繁親子は関ヶ原の結果で九度山送りになり、次は一気に14年後の様子。14年も蟄居は長かったろうな・・・。風を読んでうまく勝ち馬に乗ることの重要性を感じます。しかし、上杉景勝は改易で領地縮小されたにしてもよく許されましたね。名門だからかな。

山形県では最上義光が家康方の大名だったのだが、出てこないのが残念。その代りに、明日は米沢の上杉神社・上杉博物館に行ってみよう。米沢は伊達家も200年ぐらい治めていたらしいけど、やっぱり上杉の影響が大きいようで。更には「東の関ヶ原」と言われる慶長出羽合戦が行われた長谷堂城跡公園に寄ってみるかな。こちらは山形市内。
 


一口馬主 ブログランキングへ 
アクセスカウンター

    最新コメント