ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

【一口馬主】悟空レビュー購入

(有料)2016年度社台・サンデー・G1募集時レビュー

競馬悟空さんの有料レビューを買いました。悟空さんの記事にはいつもお世話になっているので、このような機会には即決で購入である。5,000円と高額だが、それだけの価値はあること間違いなし。1万円でもおかしくないんじゃなかろうか。うちの親はよくネットワークビジネス的商材にダマされているが、それとは一緒にしないで欲しいところ。

で、いまだに迷ってる。本家に出資するのかいかないのか。資金繰りが厳しいけれど、ルージュバックが勝ってくれたことだし、2,000万以下(一口50万円以下)縛りならアリかなと思っている。

もともとはカタルーニャの半妹、レイナカスターニャ15(最安価格の一口30万円)に行こうと思っていた。カタルーニャ(父メイショウサムソン)が牡馬で一口30万円という激安価格ながら、見事勝ち上がりを決めてくれたこともあったので。しかし、サンデーでは実績のない小笠厩舎、5月生まれで仕上がりが遅そうなところ、レイナカスターニャがノーザンから放出されているというマイナス材料が多いところに悟空さんの低評価もあり、撤退しようかと。

その代わりに123クロフォード15(サンデー、牝馬、ノヴェリスト、二ノ宮厩舎、一口40万円)、128ジョウノファミリー15(サンデー、牡馬、ゴールドアリュール、高木登厩舎、一口50万円)、39ウィッチフルシンキング15(社台、牡馬、キングヘイロー、新開幸一厩舎、一口50万円)あたりが候補に。※関東縛り

クロフォード15は、クロフォード自身やクロフォードの兄弟がほとんど走っていないことと、新種牡馬というのが不安材料。牝馬なのもマイナス。ジョウノファミリー15は外部の牧場産というのが懸念材料だけれど、タフで堅実に稼いでくれそうな雰囲気あり。伯父にブルーコンコルド。ウィッチフルシンキング15は母が21歳時の産駒で超高齢。社台で追分F産というのもどうなのか。でも全姉にメーディアいるのが魅力的。

この辺だと1月から3月生まれなので、仕上がりも比較的早いかと。後はツアー行った人の評判や票読みで詰めていきたい。ジョウノファミリーは既に11票も入っている。ゴールドアリュールは種牡馬界でいうと砂のディープ。ゴールドアリュール牡馬は貴重かつ安いので人気が集中する傾向。実績が330万あるのでこのあたりの低価格チームは第一候補でいけば取れるのではないかと思うけど・・・。

いずれにしても来週木曜日が締切。嫁への説明責任を果たすことも含め、残された時間は短い。


一口馬主 ブログランキングへ


 

胎教にいい映画

奥さんのつわりが落ち着いているので、映画を観に行くことが多い。

今住んでいるところは地方で映画ファンの絶対数が少ないからか、チケットが安い。タダで作れるメンバーズカードで1枚1,300円。これでも東京より安いが、更に10枚1万円という回数券がある。しかもだいたいガラガラ。東京に居る時は新宿のバルト9やピカデリーに行っていたが、あの混み具合に比べると非常に快適である。マイナーな映画だと上映がだいぶ遅くなるけれど、恵まれた環境かもしれない。

で、最近見に行ったのがこんなラインナップ。
アイアムアヒーロー
マジカルガール
ロブスター
海よりもまだ深く 

「アイアムアヒーロー」はサブカルというよりアクション大作になっていて頭吹き飛ばしすぎ。「マジカルガール」は陰鬱なストーリーで観ていて気持ち悪くなる作品。「ロブスター」はかなりエッジが立っていて皮肉の利いたジョークも多い内容だったが、これも基本的に気分の悪くなる内容。さすがに「こんなのばっかり見てたら胎教に悪すぎる!」ということで、「海よりもまだ深く」に。これは安心の是枝作品。阿部寛や 樹木希林のやり取りが楽しめました。

明日は今更ですが「ズートピア」観に行く予定。奥さんはディズニーものはほぼ観たことないらしく乗り気でなかったけれど、「ディズニー映画は深読み大会で大人も楽しめる」と力説して観に行くことに。女の子が今のディズニー映画を見続ければ自立した女性に育ってくれそうな気がする。お腹の中にいる今から見せておいてもいいだろう。自分としてはキツネのニックがまるで恋愛工学をマスターしているかのような超モテ男ということで、その技を学びたい。

さて、西川美和監督の久々の新作「永い言い訳」が10月公開とのこと。一番好きな監督なので楽しみです。



一口馬主 ブログランキングへ




 

フィットで迷走

奥さんが妊娠して、最も失敗したと思ったことが自動車のチョイス。昨年5月にコンパクトカーのフィットハイブリッド2駆を新車で購入。Lパッケージという上位オプションで買ったので、コンパクトカーと言えども余裕で200万オーバー。「とにかく燃費がいい車買おう」 ということぐらいしか頭になかったのだけれど、JC08モード燃費で33.6km/Lで、実燃費は22km/Lぐらい。実際ここ1年乗ってみて、ガソリンの減らなさに感動。以前はセダンのチェイサー(マークⅡの兄弟車)に乗っていたのだが、それに比べると燃費は3倍違うのではなかろうか。車にこだわりがない自分にとっては、フィットで十分満足していた。

ただ、ここに来て「子育てするなら電動スライドドアが絶対に良い」という声が多数。「普通のドアだと、赤ちゃんをだっこした状態から車に乗せるのが大変」「ミニバン一択」「普通のドアだと、子供がドアをバーンとあけて隣の車に傷をつけるリスクあるよ」「フィット?意味がわからないよ」などなど。

「マジかよ・・・。買って1年でまだローンも終わっていないのに、買い替え?さすがにそれは・・・」と思ったのだけれど、一応検討してみることに。まずはフィットを買ったホンダの純正ディーラーへ。候補はコンパクトミニバンのフリードと、一つ上の大きさのステップワゴン。フリードはモデル末期で、今年の秋に新モデルが発売されるようなのでナシ。ステップワゴンは大きいなーという印象。ホンダの新車はとりあえずフリード待ちかな、ということでスルー。

次にネッツトヨタに行って、フリードの競合車種のシエンタを見学。シエンタは昨年発売で、競合のフリードがモデル末期の為、バカ売れしているらしい(なんと納期5ヶ月待ち!)。見た目が爬虫類っぽくて嫌なのだけど、 内装や機能はいい感じ。もともとトヨタびいきの自分にとっては問題なく買いたい車。ただ、金額が250万から300万近くする。まあしょうがないと言えばしょうがないのだけど、これがツラい。馬に200万使う分にはいいのだけど、車には金を使いたくない自分である。ここでフィットの下取り価格を確認したのだけど、110万の提示だった。240万ぐらいで買って1年乗って110万・・・。ちなみにローン残額が約100万なので、ローンを払ったらほぼ何も残らない。厳しすぎる現実。

更にミニバン中古車屋まで行ってノア3兄弟やステップワゴンを見つつ、ここでもフィットの下取り価格を確認してもらったが、下取りだけで100万。新たに中古車を買う条件で110万。 つまり、ネッツトヨタで聞いたのとまったく一緒だった。この辺、相場がはっきり決まっているようだ。ここで初めて知ったのが、「オプションは査定時にまったく評価されない」「色が白か黒だったら20万下取り価格が高かった」ということ。ちなみに、自分はシルバー。これも決める時に「売る時にいいですよ」と言われた気がしたのだが・・・。色の選択で20万かよ・・・。

ちなみに、中古でフィットハイブリッド2015年式を買う時の金額をネットで確認したら、だいたい170万ぐらいだった。110万で仕入れて170万で売っているということか。まあ、いろいろ考慮したらそのぐらいで売らないとペイしないんでしょうね。

ということで、いろいろ検討したのだけど、結論「フィットで粘る」ことにしました。「だいたい、スライドドアなんてダサいだろ」と。「昔はそんなのなかったけど別に問題なかっただろ」と。「それでうまくいかないのだったらその時買い換えよう」と。その時にはフリードの新モデルも出てるし。ましかし、昨年5月に新車を買わずとりあえずは中古で適当なもの買っておけば良かった。計画性が無いと言われればそうなのだけど、さすがに婚活・出会い・結婚・妊娠とここまでトントン拍子に進むとは思ってなかったので・・・

皆さんは子育て時どうでしたでしょうか?仮にスライドドア必須だったら、サンデー社台から撤退し、キャロットでもディープキンカメは回避。ノヴェリスト・ハービンジャー専(かつ牝馬縛り)になり、抑えた資金を車購入にまわすようにする所存であります。いや、フィットでいくにしてもおそらくそうなるんだけど・・・


一口馬主 ブログランキングへ 
アクセスカウンター

    最新コメント