ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

【映画】ズートピア 様々な意味での啓蒙映画

いまさらですが観てきました。いやー、これは面白かった!
映画の冒頭でヒロインであるウサギの「ジュディ」の両親が、「我々は諦めることで幸せになった」「警察なんて目指すな、ニンジンを売って暮らそう」的なことをジュディに諭すシーンが。

親がまず子供の可能性を潰していこうとする、このリアリティ。小学生ぐらいが観れば、「なに言ってるんだよこいつら・・・」と憤るかもしれないけれど、僕らぐらいからすると、「この両親が言っていることも一理あるよな。結局、ほとんどの人はなれるものにしかなれない。どこかで諦めるしかないよね。いや~正論!この両親正論!だけど、それストレートに言っちゃっていいの?」などと思うわけである。開始5分、この時点で名作の匂いがしてワクワクさせられた。

ズートピアは動物たちのユートピア。様々な動物たちが仲良く共存し、各自が「なりたいものになれる」場所。街の作りもそれぞれの多様性を許容する場所。優等生にありがちな正義感の塊かつ根性娘のジュディはそこで成功することを目指すわけです。でも、現実は違うと。修羅の努力でウサギ初の警察官になりズートピアに行ってみると、ウサギというだけで上司や同僚から露骨に差別される。しかも身体的なハンデもめちゃくちゃある。

前向きジュディはそれでも諦めずがんばるのだけれど、若く世間知らずの為いろいろ空回り。奮闘のあげく、差別のない世界を求めていたジュディ自身も、無意識のうちに差別の心を持っていたというのがわかるわけです。結果ズートピア住民の差別意識をむしろ助長することになり、失意のうちに田舎にUターンしてニンジン売りに戻る。心の優しい両親は娘が帰ってきてくれて喜んでいるけれど、ジュディは耳が垂れ下がった廃人(廃ウサギ)状態。ちなみにここで「昔ヤンキーだった奴が真面目に更生して手に職つけている」という小ネタも入るけれど、この辺もリアル。

で、根本が意識高い系根性娘のジュディはすぐに立ち直ってズートピアに戻り、相棒であるキツネのニックの支援を再び受けて、もう一度立ち上がっていくわけです。そして大団円へ。

序盤から最後まで、ジェットコースターのような感じ。伏線の配置から回収、めまぐるしい展開、くだらない小ネタなど、終始飽きさせない。内容的には完全に大人向けと感じるけれど、子供もきっと楽しいでしょう。

ディズニーアニメは根本的に啓蒙映画なんですよね。アナ雪もそうだったけど。差別やジェンダー問題に意欲的で、ポリティカルコレクトネスは外さない。「男の子は冒険で、女の子は家庭を守る」というストーリーには絶対にしない。今回で言うと差別についてだけれど、現実の難しさを描写しつつ、最後は正論に戻ってくる設計になっている。綺麗ごとと言えば綺麗ごとかもしれないけれど、それだけではなくてサブカル的なギャグも挟んでくるし、ギリギリの線まで攻める姿勢もある。だから大人が観ても抜群に面白いわけです。

自分もポリティカルコレクトネス的感覚は刷り込まれていて、例えば「人種差別の感覚を持つのは恥ずかしい。百歩譲ってそのような気持ちがあったとしても、口に出すなんて論外」という気持ちがある。ヘイトスピーチやっている人たちなんて最たるものだけど、ツイッターでも差別意識を露わにしてつぶやいている友人が結構いるわけです。自分もそういう意識がまったくないかと言えばそうでもないし、聖人君子でもないけれど、色々な意味で違和感を覚えることが多い。多様性を許容する感覚というのはこれはもう必須なのではないかと思う。善悪の問題ではなくて、グローバル化の中でそういうルールにせざるをえないと。

と言っても、人はそうそう変わらないし、強制しようとも思わない。ただ、せめて自分の子供にはそのような感覚を育んで欲しいと思っている。その中でディズニーのアニメは楽しみながら差別や偏見について学べる構造になっているので、凄くいいなあといつも思う。

最後に。「ニックが恋愛工学の使い手」というのがネット上で言われていたけれど、確かに頷けるところがあった。イエスセットやレディファーストという初歩的な技術はもちろん、自己開示による共感ゲットや適度なディスりや突き放しなど、高度な押し引きの連打。そしてだいたい気持ちを掴んでからのボディタッチ(頭ポンポン)。真面目で恋愛に興味のなかったであろう田舎娘のジュディなどイチコロなのもやむなし。差別をメインテーマにしながら、並行して恋愛指南まで盛り込んでいるというディズニー恐るべしである。ただ、観客の女の子にちょい悪男(ニック)を推奨し、非モテ(警察の受付係・名前忘れた)を馬鹿にするメンタリズムを推奨してしまわないか心配ではある。逆に、男の子だったらこの辺のテクニックもディズニー映画で学んで欲しいものだ。


一口馬主 ブログランキングへ

【一口馬主】悟空レビュー購入

(有料)2016年度社台・サンデー・G1募集時レビュー

競馬悟空さんの有料レビューを買いました。悟空さんの記事にはいつもお世話になっているので、このような機会には即決で購入である。5,000円と高額だが、それだけの価値はあること間違いなし。1万円でもおかしくないんじゃなかろうか。うちの親はよくネットワークビジネス的商材にダマされているが、それとは一緒にしないで欲しいところ。

で、いまだに迷ってる。本家に出資するのかいかないのか。資金繰りが厳しいけれど、ルージュバックが勝ってくれたことだし、2,000万以下(一口50万円以下)縛りならアリかなと思っている。

もともとはカタルーニャの半妹、レイナカスターニャ15(最安価格の一口30万円)に行こうと思っていた。カタルーニャ(父メイショウサムソン)が牡馬で一口30万円という激安価格ながら、見事勝ち上がりを決めてくれたこともあったので。しかし、サンデーでは実績のない小笠厩舎、5月生まれで仕上がりが遅そうなところ、レイナカスターニャがノーザンから放出されているというマイナス材料が多いところに悟空さんの低評価もあり、撤退しようかと。

その代わりに123クロフォード15(サンデー、牝馬、ノヴェリスト、二ノ宮厩舎、一口40万円)、128ジョウノファミリー15(サンデー、牡馬、ゴールドアリュール、高木登厩舎、一口50万円)、39ウィッチフルシンキング15(社台、牡馬、キングヘイロー、新開幸一厩舎、一口50万円)あたりが候補に。※関東縛り

クロフォード15は、クロフォード自身やクロフォードの兄弟がほとんど走っていないことと、新種牡馬というのが不安材料。牝馬なのもマイナス。ジョウノファミリー15は外部の牧場産というのが懸念材料だけれど、タフで堅実に稼いでくれそうな雰囲気あり。伯父にブルーコンコルド。ウィッチフルシンキング15は母が21歳時の産駒で超高齢。社台で追分F産というのもどうなのか。でも全姉にメーディアいるのが魅力的。

この辺だと1月から3月生まれなので、仕上がりも比較的早いかと。後はツアー行った人の評判や票読みで詰めていきたい。ジョウノファミリーは既に11票も入っている。ゴールドアリュールは種牡馬界でいうと砂のディープ。ゴールドアリュール牡馬は貴重かつ安いので人気が集中する傾向。実績が330万あるのでこのあたりの低価格チームは第一候補でいけば取れるのではないかと思うけど・・・。

いずれにしても来週木曜日が締切。嫁への説明責任を果たすことも含め、残された時間は短い。


一口馬主 ブログランキングへ


 

胎教にいい映画

奥さんのつわりが落ち着いているので、映画を観に行くことが多い。

今住んでいるところは地方で映画ファンの絶対数が少ないからか、チケットが安い。タダで作れるメンバーズカードで1枚1,300円。これでも東京より安いが、更に10枚1万円という回数券がある。しかもだいたいガラガラ。東京に居る時は新宿のバルト9やピカデリーに行っていたが、あの混み具合に比べると非常に快適である。マイナーな映画だと上映がだいぶ遅くなるけれど、恵まれた環境かもしれない。

で、最近見に行ったのがこんなラインナップ。
アイアムアヒーロー
マジカルガール
ロブスター
海よりもまだ深く 

「アイアムアヒーロー」はサブカルというよりアクション大作になっていて頭吹き飛ばしすぎ。「マジカルガール」は陰鬱なストーリーで観ていて気持ち悪くなる作品。「ロブスター」はかなりエッジが立っていて皮肉の利いたジョークも多い内容だったが、これも基本的に気分の悪くなる内容。さすがに「こんなのばっかり見てたら胎教に悪すぎる!」ということで、「海よりもまだ深く」に。これは安心の是枝作品。阿部寛や 樹木希林のやり取りが楽しめました。

明日は今更ですが「ズートピア」観に行く予定。奥さんはディズニーものはほぼ観たことないらしく乗り気でなかったけれど、「ディズニー映画は深読み大会で大人も楽しめる」と力説して観に行くことに。女の子が今のディズニー映画を見続ければ自立した女性に育ってくれそうな気がする。お腹の中にいる今から見せておいてもいいだろう。自分としてはキツネのニックがまるで恋愛工学をマスターしているかのような超モテ男ということで、その技を学びたい。

さて、西川美和監督の久々の新作「永い言い訳」が10月公開とのこと。一番好きな監督なので楽しみです。



一口馬主 ブログランキングへ




 
アクセスカウンター

    最新コメント