ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

【育児】育児マンガベスト3

クリスマスの3連休は病院通いで終わりました。各日4時間~6時間ぐらい居たので、娘ともそれなりにふれあいました。赤ちゃんはみんなそうなのかもしれないけれど、抱っこが好きな子なので、結構抱っこします。今日は妻が買い出しやお風呂に行っている間に自分が娘の相手をしていたのだが、計3回ギャン泣き。抱っこしても 「なんでそんなに泣くの?!」と言いたくなるぐらい止まらない。しかも妻にバトンタッチするとあっさり収まるので結構心折れた。 「割とコミュニケーション取れて来てるかな・・・」なんて思っていたのだけど、あっさりと打ち砕かれました。妻は24時間付添で比較にならないぐらい大変なのだけど、今日は逃げるように帰ってしまった。「仕事に逃げて育児をしない」パパ勢の気持ちがわかりました。

さて、いろいろ育児マンガを読んだ。だいぶこのジャンルも流行っているみたいだ。今までまったく興味がなかったけれど、結構面白いのがあります。たぶん10作品以上読んだけど、その中から勝手ながらベスト3を発表します。

第3位





育児マンガといえばだいたい母親である女性が作者のものばかりだけれど、これは男性目線。売れないマンガ家である著者が一人娘の育児について描いています。だからなのか、出産や育児の生々しいところ、ハードなところは描いていない。男性ならではの距離感を保ちながら、育児の「楽しい」「娘かわいい」「くすっと笑える」要素が中心なので安心して読めます。もっちゃんかわいいです。ブログから本になったようです。

第2位




最近Kindle Unlimitedに加入した。これが月額980円でそれなりに読めて嬉しい。「人気タイトルがどんどん削られている!」なんて話もあるけれど、980円なら十分すぎるぐらい。この桜まづるさんのシリーズ3冊も現在は対象。おいしすぎる。マンガ家として実績がある人ではないのか、他に著作もない様子。しかもこの本はkindle専用っぽい。Kindle Unlimitedでなく普通に買っても1冊398円という安さ。期待せずに読み始めたのだけど、この人の斜に構えたギャグセンスは自分的には相当ツボだった。 冷めたところとブラックジョークなところと。女性側から描いた育児マンガはだいたい「ダンナが使えない」「ことこまかに言えばやってくれるけど、自分からは動かない」というパターンが多いけど、これもそのパターン。見ての通りダンナさんの顔のデフォルメ具合とかひどいのだけど、それも面白い。普通に1人目が出来てから、2人目で不妊治療をしている。最近はそういうケースも多いようだけど、マンガになっているのは珍しいのでは。ただ、そういうの抜きにしてもおすすめです。続編が出たらまた読みたい。

第1位


ダンナが転勤族なのか、「富山に転勤で友達誰もいない状態」という中での育児。その辺はうちも近いものがあります。趣味でブログをしていて人気が出たので本を出したパターンかな。なので、この人もこの作品しか発表しいない様子。このジャンルはそういうケースが多いようです。でもこちらもクオリティは相当高い。著者(母親)がにわとりで書かれているのが特徴か。スピーディーに描く為の工夫かもしれないけれど、にわとりの顔なのに表情豊かでシュール。この人もユーモアセンスが抜群で第2位の桜まづるさんと甲乙つけがたい。ズボラで適当という自虐ネタとか、「「旦那は新人バイト君」とか爆笑必至。ネコとイヌを飼っているのもポイント高い。これは絶対のおすすめ。



一口馬主 ブログランキングへ 

【育児】ここまでの経過

ブログしばらくお休みしてしまいました。
バタバタとしていてブログを書く余裕がなかった・・・

前回は出産後の経緯は下記。

誕生後、そのままNICUに。3週間程度様子を見て小児科病棟に移る予定→11月下旬、いざ小児科病棟に移るという日にチアノーゼの軽い発作が出たので移るのを延期→1週間様子を見て、12月頭に小児科病棟へ移動・妻の付添入院開始→当初は1週間程度で退院の予定→チアノーゼの発作が出るので退院延期→「そろそろ退院かな」と思っていたところ、「年明けに姑息手術をする」と言われる→言われた翌日、年明けまで引っ張れないということで姑息手術の前倒し実施決定→12月中旬に姑息手術実施・成功→1週間集中治療室で様子見。毎朝7:30に面会。→落ち着いたので小児科病棟に移動。再び妻の付添入院開始。退院は年明け予定

という状況。ただでさえ大変な時期の赤ちゃんが更に酸素吸入や点滴などフル装備状態ということもありとにかくグズる、妻もどうしたら良いかわからない中で病室に缶詰めで精神的に参る、自分も仕事が順調でない中で無理矢理ほぼ毎日病院に通う、 「1週間ぐらいならいいでしょ」と思っていた個室代が最終的にはトータルで1か月分になる見込みで金額がヤバい など、なかなかのハードモードになっている。

集中治療室で使っていた麻酔や鎮静剤の影響か、傷が痛いのか、拘束されていた精神的ストレスか、赤ちゃんの表情がけわしくなっている状況。手術の影響でまだ全体にむくみもある。しばらくはまた通って少しだけでもフォローしないと。面会に行って1時間ぐらいいるだけでぐったり疲れるので、24時間一緒の妻は本当に大変かと・・・(赤ちゃんからまったく目が離せないので、食事もお風呂も落ち着いてできない)。まずはこのまま赤ちゃんの体調が落ち着いて退院できるよう、お世話に奮闘している妻をサポートするしかない。できる限り頑張ります。

 
一口馬主 ブログランキングへ

【一口馬主】今月はプラトリーナとルージュバックが出走

一口馬主、現3歳の出資馬が勝ち上がれずだいぶ引退したので、出走ペースが少なくなっている。ちょっとさびしい。現2歳は2頭しか出資していない上にまだ未出走。ルージュ妹のエリティエールはなかなか仕上がらず年明けデビューが濃厚。1/40のイムノスも「体力的にはまだまだです」と言われ、体重も411kgしかない。2頭ともディープ産駒で素質はありそうだけれど不安が大きい。特にイムノスは投じている金が違うので震えています。

さて、もう一頭の1/40の3歳牝馬プラトリーナ。7月末に未勝利戦を勝ち上がったあとは早来に戻し、じっくりと休養して10月半ばに天栄に戻ってきました。そして11/19(土)の福島で復帰戦。ここまでマイルを中心に使ってきたのだけど、なぜか今回は1200mに距離短縮。それが吉と出るか凶と出るか・・・。前走は394㎏だった体重が430㎏弱まで増えているようで、そこは好材料。一週前追い切りの反応はイマイチだったようだけど、素質で勝ちきって欲しいところ。またもや現地観戦には行けないのだけれど、応援です。1/40出資馬同世代の故障引退したカタルーニャの分まで頑張って欲しいです。

ルージュバックの方は、予定通りジャパンカップの特別登録を行ったとのこと。これは嬉しい。今回はさすがに人気も落ちるだろう。今までのようにマークされることもなく、プレッシャーもない。戸崎騎手も今回は期すところがあるだろう。キタサンブラック、ゴールドアクター、リアルスティール、ディーマジェスティ、シュヴァルグラン、この辺が人気と思われる。天皇賞とはだいぶメンツが入れ替わっているけれど、こちらも好メンバー。スローの瞬発力勝負になることを期待します。

今日のエリザベス女王杯は、マンカフェ産駒がまさかのワンツー。一見「ルージュバックも出ていれば」というところだけど、内を突く器用な競馬ができないだけに出ても難しかったはず。ジャパンカップでビッグボーナスが正しい選択だと信じています。


一口馬主 ブログランキングへ 
アクセスカウンター

    最新コメント