ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

【書籍】くるりのこと

くるりのこと
くるり
新潮社
2016-09-16



くるりが20周年ということで、宇野維正氏のインタビューに答えた形で作られた本。
自分はくるりはそこまで好きでなかったのだけど、面白そうなので購入。

「東京」のマキシシングルが1998年10月。
自分は就職して1年目、名古屋での生活を始めたところだった。
平日は仕事で精いっぱい、週末に矢場町のパルコにあるタワレコに
通ってCDを鬼のように買うのが一番の楽しみだった。
もしくはクアトロ、ボトムライン、ハートランド、ロックンロールなどのライブハウス。
メジャーから名古屋のインディーバンドまで行きまくったわけです。
ピロウズ、ジェリーリーファントム、ナンバーガール、プリスクール、
スーパーカー、ミッシェル、モーサム、Hi-5、KOGA系などなど・・・

ライブハウスに通ううちに知り合った中に京都出身の女の子が居て、
その子がとにかく一推しだったのがくるり。
京都に凄いバンドがいるんです、と。「もしもし」がいいんです、と。
磔磔だとか京都のライブハウスの話も聞いた。
自分はポップなのが好みだったので、くるりのなんというか
どろどろした感じ、ブルース的な要素が苦手だったので
ハマりはしなかったのだけど、東京はわかりやすくて「凄い!」と思った。
メジャーデビューアルバムはまたマニアックな感じだったけど・・・

このインタビュー本を読んでいて、あの頃の空気感を思い出した。
自分は各バンドがインディーズからメジャーデビューする過程とか、
あるいはメジャーデビューした直後の勢いなどを好んでいたので、
くるりがインディーズからブレイクしていく経緯などは特に面白かった。

ナンバーガールとの絡みなんかも書いてあって、向井がライブに乱入して
勝手にワンダーフォーゲル歌ったりするので困ったとか。結構ひどいw


読んでいて、自分もこの頃はきつかったなと思い返した。
この前観た映画の「シング・ストリート」じゃないけれど、
名古屋に来て友達もいず仕事もろくにできない、
同僚はまったく人種が違って飲み会がひたすら面倒くさい。
「音楽に救いを求めるしかない」的状況だった。

今じゃどっぷりと会社にも馴染んで、
良き伴侶に出会って子供も生まれてくるという。
音楽も昔ほどは聴かなくなってしまった。


Ost: Sing Street
Original Soundtrack
Imports
2016-05-27




 

【一口馬主】10日競馬

ルージュバックが勝てるかどうか、大きな注目を集めている。
毎日王冠から放牧を挟んで天皇賞を勝った馬は過去にいないだろう。
「10日競馬」の究極とも言える試みで、これが決まれば相当インパクトがあるはず。

「馬は厩舎で調整すべき」という考え方も根強いようで、
このやり方に批判的な声もちらほら聞く。
「調教師の仕事はなんなの?」とか。
「大竹師はプライドがないの?」とか。

まず、大竹師に文句言うのはナンセンス。
大竹師が決めているわけではないし。
矛先向けるなら馬主のキャロットクラブかその上のノーザンファームでしょう。

そもそも、10日競馬を批判するのは意味がないと思う。
この問題は「調教師が調教するのが望ましいからそうさせるべき」という選択の問題でなくて、
今のJRAの制度の中で考えた場合に自然な状態だと思うので。

特に関東馬の方は間違いない。
設備が悪い、水が悪い、給料が高い(コストのかかる)美浦でわざわざ調整するより、
設備も水も良く、若くてモチベーションの高いスタッフの揃っている(コストの安い)
ノーザンファーム天栄で調教した方が良いじゃないですか。
厩舎で調整させると仕上げにムラが出てくるけれど、
天栄で仕上げればだいたい90%以上の仕上がりで出せるわけですから。
実際にそれで結果も出ているし。

調教師が既得権で先生だった時代は終わって、基本は中間管理職なんですよね。
特にクラブ馬の場合は下請的存在と言ってもいいかもしれない。
ノーザンファームの指示に従って活動するスタッフ。
西の名門厩舎や関東の藤沢・堀厩舎みたいな例外を除き、スタッフに徹するしかない。
もちろん、そこで実績を積んで信頼を得られれば裁量も多少は増えていくでしょう。
なんだかんだで最後の仕上げは調教師で、それが重要なのも間違いないので。
キムテツもぼろくそ言われていたけれど、今では藤沢師・堀師に次ぐ成績で若手エース扱い。
今まで関東に入ってこなかったような良い馬をバンバンいれてもらっているけれど、
当面その流れは変わらないでしょう。

いずれにしても、今回のルージュバックの天皇賞は大きなポイント。
ここで負けると「ほれ見たことかw」「10日競馬w」と叩かれること必至。
逆に勝てばノーザンファーム天栄の力が世間に広まるだろうし、
10日競馬がますます当たり前になっていくでしょう。
ノーザンファーム・ルージュバックには10日競馬で是非とも勝ちきって欲しいものです。


一口馬主 ブログランキングへ

 

【病気】肺炎からほぼ回復

肺炎の経過メモ
10/10(月)~10/13(木)東京出張
10/14(金)調子が悪くなっていたが、飲み会に参加
10/15,16(土・日) 鼻水・セキ・熱。夜は過去に経験のない39.9℃の高熱。
10/17(月)内科受診 インフルエンザ一点読みも検査の結果は陰性。普通の風邪薬一式をもらう。
10/18(火) 薬を飲みながら静養。まったくよくならず。
10/19(水)耳鼻科受診 肺炎を疑うも 「肺炎は内科で見てもらってください」とのことだったので、ハシゴして別の内科を受診 レントゲンを撮り肺炎と診断 尿検査で肺炎球菌は否定され、特定の為の培養検査 
抗生物質による服薬治療に。
可能性は低いものの感染の可能性がある為、ホテルに泊まる。
発症から継続だが、鼻水が止まらず、横になってもすぐ苦しくなる状態が続く。夜はほとんど眠れない。
ホテルで泊まるのも肉体的・精神的にきつく、結局ホテル泊まりはこの1日だけ。
10/20,21(木・金) 薬のせいか多少は良くなり夜もある程度寝られるようになる。
10/22(土) 内科受診。肺炎の種類がインフルエンザ菌ということがわかる。
10/23(日) 静養
今のところ、10/26(水)に次の診察を受けて、その足で仕事に復帰予定。

という状況。
日本人の死亡原因の3位が肺炎ということだけど、確かにこれは年寄りだったら死ぬ。自分も一番ひどい時は死ぬツラさだったので入院させて欲しかった。とにかく寝られないのがキツい。若者は入院はさせてもらえないようで結局自宅療養したのだけど、いつ陣痛が起きてもおかしくない妻に家事を全部やってもらう+看護してもらいました。頭が上がりません。今はだいぶ良くなったので、「ひたすら家にいるけど何もしない」という定年後の粗大ゴミ夫状態になってます。今日も買い物に行く妻に「スポーツ新聞買ってきて」とお願いしたら少し呆れられてしまった。「サボらせてくれるんだったら、いつまででもサボれますよ」と思っていたけれど、これだけ家にいると不思議なことに仕事に行きたくなってきます。いやあ、健康って大事ですね。

なんだかんだで肺炎の菌があるわけです。ここで生まれてきてしまうと立ち会い出産や生まれた直後に抱っこすることも難しいだろうから、赤ちゃんには出てくるのをもうちょっと我慢して欲しい。当初予定通り来週末ならなんとか大丈夫なはず。それだったら笑い話で済むけど、今週生まれてきてしまうと「パパは肺炎で立ち会ってくれなかったんだよ」「一番大変な時期にパパが肺炎になってママ大変だったんだから」と一生言われるパターン。あとたぶん今回の件は義父母には伏せていると思うので、それがバレた時もちょっと気まずい。


さて、菊花賞も終わり、いよいよ天皇賞ウィークに!
ルージュバックへの期待が高まります。「毎日王冠から外厩への放牧を挟んでの天皇賞制覇」となったらかなりの事件じゃないでしょうか。ノーザンファームグループの一つの成果になるはず。今後の為にも実現して欲しいです。

一週前予想
◎ルージュバック
○モーリス
▲アンビシャス
△ステファノス
△エイシンヒカリ

単勝、ルージュ1着固定の馬単と3連単で勝負したいですね。


一口馬主 ブログランキングへ

 
アクセスカウンター

    最新コメント