ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

2016年08月

【一口馬主】キャロットドラフト候補馬

「君の名は。」観てきました。「細田守より新海誠」の自分としてはかなり期待していったのだけれど、グッと泣ける感じではなかった。好きな人が不倫していたりするのが新海作品のいいところだと思うのだけれど、今回はちょっと違うテイストだった。男の主人公が居酒屋でバイトしているチャラいリア充、ヒロインは影の無い素直な性格で、両者ともにまったく感情移入できなかった。 そもそも友達がいる時点で「違うんじゃないの?」と言いたい。今回コケたらまた暗黒ストーリーに戻るのかもしれないけれど、興行成績も順調みたいだし、明るい路線になっていくのかな・・・ 前の週に「エクス・マキナ」を観たせいもあるかもしれないけど、なんというか毒がなさすぎた。デートムービーとしてはいいけれど、新海誠が救うべき悩んでいる孤独なティーンエイジャーが救われないのでは。

さて、キャロットのドラフト。9/7までなのですぐである。前にも書いたように、最優先は何も考えずジンジャーパンチ勝負。そこは決まりなのだが、他が決まっていなかったので、ここは競馬悟空さんの有料レビューを速攻で購入。「5,000円も出すの?」という人もいるかもしれないが、維持費を考えるとどんなに安い馬でも10万から20万の買い物になるので、5,000円は安い。

とはいっても、他のクラブに比べるとキャロットの場合は掘り出し物があまりない(≒高い馬が良い馬)。キャロット一本槍になった自分は、悟空さんの評価が低い馬にも行かざるをえないわけである。で、関東馬縛りでマルティンスターク、フェルミオン、ブロードピーク、カドリーユを狙います。ジンジャーパンチがダメな可能性も結構あるので、オルフェ牡馬で手ごろな価格(3,600万)のマルティンスタークが一般でいけるとラッキー。キムテツで避けられることを期待。 フェルミオンは出資する気満々だったけれど、厩舎が微妙なのでスルーするかも。ブロードピークとカドリーユは最安の価格帯。値付けにシビアなキャロットではだいたい外れなのだけれど、頭数があまりに少ないと寂しいので、前向きに考えています。

後は関西馬をどうするか。西に転勤する可能性もあるし、関西馬もちょっとは持っておこうかな。牡馬は厳しいので、2000万から3000万ぐらいの牝馬狙うのもあり。なにぶんカタログショッピング。皆さんのツアー報告を参考にしながら更に絞り込んでいく予定。



一口馬主 ブログランキングへ








 

【一口馬主】堀厩舎の進撃止まらず

イスラボンさん出資のウムブルフが古馬相手の1000万下を圧勝。おめでとうございます。 これは菊花賞もそこそこ人気になりそうですね。社台でディープで堀厩舎。これがサンデーだったら滅茶苦茶人気になっていそうな条件。

そして今日の札幌記念。モーリス参戦で盛り上がりました。結果はキャロットのネオリアリズムが逃げ切り勝ち。これまた堀厩舎。アイルラヴァゲインにリアルインパクトはもちろん、弟のレアリスタもまだまだ活躍しそうな雰囲気。トキオリアリティーは本当に優秀な繁殖牝馬ですね。しかもサンデーに配された時はそこまで活躍していなくて、キャロットに来た馬がガンガン活躍している。

札幌記念、エプソムC直後はルージュバックも出る可能性はあったと思うけど、暑さに弱いみたいで結局スルーで毎日王冠へ。今回のメンバーはモーリスは別としてそこまで揃わなかったので、出走できればチャンスがあったように思う。少し残念。GⅠに近い賞金・格があるレースだし。

ネオリアリズムもこれで中距離王道路線に参戦か。キャロ勢は天皇賞秋にリオンディーズ、ステファノス、ルージュバックが出る見込み。騎手の配分をどうするのかが気になるところ。僕としては戸崎がステファノスとルージュバックのどちらに乗るのかが一番気になるところ。ルージュバックに乗ってくれれば良しだけれど、乗ってくれない場合にどうなるか。ルージュバックにルメールという可能性も考えていたけれど、ネオリアリズムが出走する場合はそちらに乗る可能性が出てきた。アンビシャスも横山典弘でいくのか、こちらにもルメールの可能性あり。ルージュバックも毎日王冠で内容が悪ければエリザベス女王杯にまわるだろうし、どうなるか本当にわからない。

札幌記念、番長さん出資でサムソン産駒のレッドソロモンも少し期待していたけれど、結果12着。1600万下を連勝した強い馬だけれど、今回は勝負にならなかった。いずれはこの馬かストレンジクォークが重賞勝ちして欲しいものです。

最後に、7月末に未勝利脱出したプラトリーナ。北海道のNF早来で夏休みをしているのだけど、馬体重が減ってなんと382㎏!もともと400㎏ぐらいの馬だけど、いくらなんでも細すぎる。後50㎏増えて欲しいけれど、もうどうにもならないものなのかな・・・。このままだとなかなか天栄にも戻れない。北海道でリラックスしていっぱい餌を食べて欲しいものである。サンデー出資もう一頭のカタルーニャは骨折からの復帰にまだしばらくかかりそうだし、2歳馬のイムノスはまだ入厩気配なし。10月の毎日王冠まで楽しみが無い・・・。



一口馬主 ブログランキングへ 

【育児】パパママ教室参加

大学病院に転院し、初めての妊婦健診に行ってきた。心臓疾患を小児循環器の先生に診てもらえそうだということで付き添って行ったけれど、結局普通の妊婦健診だけで小児循環器の診察は無し。来週、時間があえば診てくれる様子。いずれにしても、お腹の中に居る時には手の打ちようがないらしく、生まれてから治療方針を立てていくようだ。ちょっと拍子抜け。そうなると、生まれるまでは何もできないということ。はっきりしないのがもやもやするが、あと2ヶ月ちょっとなのでとりあえず忘れて待つしかない。心臓疾患とダウン症が重なるケースも多いようだが、出生前診断をしていないのでダウン症の可能性も否定できていない。ましかし、ここまで来たらどう出ても現実を受け入れるしかないので考えないことにした。嫁さんと話し合い、当面はそれぞれの親にも伝えないことに。変に心配させたくないというのと、伝えることでいろいろと口を出されても混乱しそうなので。どこかのタイミングで伝えないとはいけないと思うが、ギリギリのところにするつもり。

そして、パパママ教室に行ってきた。2回目。1回目はお風呂の練習だったが、今回は「重りをつけて妊婦のつらさを体験する」「おむつ交換の練習」の2点。前者は8kgの重りをつけてみたが、かなり重かった。これは確かに苦しい。料理はもちろんのこと、洗濯や掃除についてももうちょっと参加しないとダメかなと思いました。つーか、ほとんど何もやっていない。やっているのは夕飯の食器洗いの手伝いと、休日の洗濯で干す時にちょろっと手伝うぐらい。体調も良いようだしお任せしてしまっている。赤ちゃんのお風呂いれとおむつ交換は積極的にするつもりなのだけど、家事は苦手だ。一人暮らし18年ぐらいやっていたのに・・・

今日は地元のテレビ局が撮影にも来ていて、使われるかどうかわからないけれど、おむつ交換の実習の後に簡単なインタビューを受けた。「こういう教室に参加してどうでしたか?」という質問に対し、「今まであまり意識していなかったですが、こういう教室を受けて自分も育児頑張らないといけないと思いました」みたいなクソ面白く無い回答をしてしまいました。なんというか、そういう優等生的なことしか言えなかった。空気って怖い。嫁さんは「旦那さんのおむつ交換見てどう思いましたか?」と聞かれていたけれど、「いや、初めてなのに上手くできていていました。これならバリバリやってもらえそうです」と上手く答えていた。よいしょしつつ自発的に手伝わせるように誘導。できる嫁だ・・・
ましかし、パパママ教室に来ている時点で育児に前向きなパパが多いような気がした。アウトローみたいな風貌の人はいなくて、自分含め優しそうなパパが多かったと思います。

後は、テレビの教育番組で中室牧子さんが理路整然とした正論を述べていたので、下記の本を買いました。この本確か去年読んだ気がするけど・・・二度買いですね。嫁さんにも読んでもらおうと思います。同じ番組に出ていた前文部大臣の馳さんや教育学者は教育の充実・財源の充実しか言わない「くれくれ君」だったけれど、中室さんは費用対効果をきちんと言っていて気持ち良かった。その上で、高齢者の社会保障費の一部を削減し財源を持ってくるしかないのではという提言をしていたが、「まさにその通り」という感じ。


「学力」の経済学
中室 牧子
ディスカヴァー・トゥエンティワン
2015-06-18





一口馬主 ブログランキングへ
 

エピカリス、靖国参拝、ベビー用品

日曜日のエピカリス、これが強かった。順調にいけばダートの一流馬に育つ可能性も十分。もしかしたら頂点に立つかもしれないし、そこまでいかなかったとしても地方重賞荒稼ぎレベルはありそう。この馬、一口馬主仲間のぬっきー氏が×1最優先で8口突っ込んでいる。重賞馬の下とは言えNF産でもないゴールドアリュール産駒(しかも3,600万円)にそこまで突っ込んでしかも当てるとか勝負師かよ・・・。ダートは層が厚い上に強い馬がいつまでも引退しないので上にいくのは難しいけれど、自分が強い馬を引いたら無限に稼げるというのが魅力的。悔しいけれど、これは羨ましい。

今日は終戦記念日。靖国参拝がどうなるかと思ったけれど、今日の参拝は閣僚は高市さんと丸川さんだけだったようで。事前にわかっていたけど、稲田さんが行かなくてまあ良かったですね。橋下さんも言っているけど、結局行けなくなるのだから威勢のいいこと言わなければいいのに。靖国神社は自分も何回も行っているし、関連本もいろいろ読んだけれど、筋が悪い場所だなと思う。あれでは素直に手をあわせられない。遊就館の歴史観とか酷いし。天皇も行かないぐらいだし、もうどうしようもないのでしょう。


自分は今日は義父母、義兄夫婦とランチ。また、 いろいろと中古の育児グッズを譲ってもらった。ベビーカー、赤ちゃん用のお風呂、衣類などなど。チャイルドシートやベビーベッドなどは自力で調達する予定。この辺も何を買うのか、あるいはレンタルするのか迷うところ。店舗があればレンタルというのもありだと思うけど、地場にはレンタル屋の店舗がないからどうかなあ。通販レンタル?になるので、送料を考えると買ってしまった方が良いかもしれない。二人目があるかないかというのもあるけど。

とりあえず、赤ちゃん本舗に行っていろいろと下見。チャイルドシートは取り付けが簡単しっかりのISOFIXタイプというのが条件。売れ筋はシートベルト取り付け式で2万前後ぐらいみたいだけど、4歳まで使うのならそこそこいい機種にしたい。ISOFIXタイプはまだ販売台数が少ないのか値段も高い。トップシェアのコンビの最新式(2016年7月発売モデル)クルムーヴスマートの最上位機種が定価8万(税別)。

 





2015年モデルのネルームの最上位機種も8万(税別)だけど、こちらはネットショップによってはそこそこ値引きもある。



2015年モデルの中位機種ぐらいにしようかな・・・。値引き後で5万(税別)。もうちょっと検討してみます。

ベビーベッドも電動でゆらゆらするタイプがあって笑った。そこまでするか。6万前後ぐらいする。電動ゆらゆら機能は長く必要ないだろうから、こちらは費用対効果が微妙な気が。





病気を持った赤ちゃんになるだろうから、できるだけ体に負担のないものを揃えてあげたいと思う。しかし、ベビー用品は高い。ただでさえ赤字財政なので、このままだと馬の新規出資をおさえないと立ち行かなくなる。「ここは母(ばあちゃん)の力を借りるしかない」と電話でさりげなく打診してみたのだが、金が無いオーラをバンバンに出してきていて期待できなさそうだ。うーむ。


一口馬主 ブログランキングへ

【育児】心臓疾患を指摘される

8か月目に入った。「変わらず順調」と言いたいところだが、実は良くない話になっている。エコー検査で心臓に異常があることがわかった。正確な病名は確定していないので具体的な病名は今のところ伏せるが、先天的な心臓疾患である。2週間前に可能性を指摘され、今週の診察でほぼ確定。今まで通っていた病院はそこそこの総合病院だが、そこでは対応できない症状とのこと。大学病院を紹介してもらい、そちらで診察を受けることになった。「 妊婦健診や出産もそこで」ということになり、ここまで通った病院はもう行かないことに。

チアノーゼを伴う疾患になり、出産後どこかのタイミングで手術が必要になる様子。医学も進歩しているし、生死がどうこうというものではないということだが、なにせ心臓なので万が一もあるだろうし手術前も手術後も大変なことが予想される。

「病名を検索されると思いますが、ネットの情報は間違っているものもあるので慎重に見てくださいね」と小児科の先生に言われた。当然検索しまくっているわけだが、確かにいろいろな情報がある。まず気になるのは、どんな症状が出るのかという点。チアノーゼ症状があるので放置するとまずいが、適切な治療と根治手術をすれば一般人と同じように生活できるケースが多いとのこと。ただし、競技スポーツなどの激しい運動は避けた方が良いらしい。心臓いじるのだからそれはそうだろう。我々のように文化系にもっていくしかない。「過保護にしすぎると良くない」的なことが書いてあったが、思いっきり過保護になりそうな予感。

もう一つ気になるのは、どこの病院がその病気に強いかというところ。そもそも小児の心臓疾患って非常にいろいろな種類があることから一つの症状あたりの患者数が少ない(何千人に一人・何万人に一人レベル)ので、手術できる病院自体が少ない様子。一回診てもらって確定してから考えれば良いのだが、「果たして今から行く病院で良いのか、東京の病院に行った方がいいのか」なんてことも思う。確率の問題になるので、特に手術については慣れている先生にやってもらった方が間違いないだろうし。と言っても、現実的に東京の病院で手術というのもハードルが高い気が。いろいろバランス見ながらベストな選択肢を取りたい。

ネットや本には悪いシナリオの情報もいろいろ書いてあるので、正直不安が大きい。もう病気自体の覚悟はできているので、早く大学病院での診察をしてもらい状況把握をしたい。いずれにしても、当面は奥さんと赤ちゃん第一でいかなければ。







一口馬主 ブログランキングへ 
アクセスカウンター

    最新コメント