四神降臨クライマックスSPの動画が話題だ。

四神降臨は、麻雀プロ4団体のトッププロが争う対局。
日本プロ麻雀協会、麻将連合、最高位戦日本プロ麻雀協会、RMU。
10月に行われた第一回が好評だったということで、
早くも2回目(12/29)が決まった様子。

事前のPR動画が撮影されていて、
ここでは出場する4人が煽りあっている。
正確にはRMUの河野高志が他の3人をディスりまくるという構図を取っている。
いわゆるヒール役だ。
こういう演出は今までなかったが、キャラが立っていていいのではないか。
河野高志はしばらく前にツイッターでも暴言を吐いてみたり、
着実にヒールキャラを確立しつつある。
こういうオヤジが自分と直接の利害関係者だったり、
一緒に卓を囲まなければならないとなると面倒なことこの上ないだろうが、
第三者として見る分にはワクワクさせられる得難いキャラである。
是非RMUの暴れん坊としてこのまま突き進んで欲しい。

さて。四神降臨に話を戻せば、
「このコンテンツを育てたい」という強い意思を感じる
(どこが頭に立って企画しているのかわからないが・・・)。
麻雀界において、既存メディアのおいしいところは日本プロ麻雀連盟が押さえている。
今までの流れもあるし、ブランド戦略や企画力においても連盟が一枚も二枚も上手だ。
普通にしていても差は縮まらないだろう。

他の団体は、そこに対抗するコンテンツを作らなければダメだと思う。
その様々な試みの一つが天鳳名人戦であり、四神降臨なのだろう。
こちらからすれば、面白い企画はあればあるほど楽しいので、
どんどんこういう仕掛けがあるといいと思う。
メンツとしてもかなり濃いので、楽しみだ。 
もちろん、今回の四神降臨は河野高志を中心に展開されるだろう。
ブッチギリでドヤ顔炸裂も良し、
疑問手連発でボコボコ蜂の巣になるのも良し、
いずれにしてもツイッターで無責任に実況したいところだ。


29日には、最高位戦ペアマッチ参加枠争奪戦イベントもある。

前回の時はこのイベントで上位になって、ペアマッチに参加させてもらった。
とても楽しいイベントだったこともあって、
今年も参加枠争奪戦にチャレンジ予定だ。
四神降臨とも被るが、こちらを本線において鬼打ち予定である。
よろしければ皆さんも是非。

参考:前回のレポ
最高位戦ペアマッチレポその1
最高位戦ペアマッチレポその2