本日が社台サンデーの出資申込み締切日だった。出資するかしないか、迷っていたこの2週間。競馬悟空さんの有料レビューを購入していろいろ検討していたのだけれど、結局申込みを見送った。「50万のジョウノファミリー15に申込み。実績でほぼ確実に獲れる」の方向になっていたけれど、ここ数日は「どうせだったら少し予算を上げて悟空さんが絶賛している60万のオーヴァーアンダー15に申し込み」というところへ気持ちが動いていた。しかし、最後の最後はこのドラフトをスルーするという決断へ。

なんだかんだで財政的な理由が大きい。キャッシュで600万ぐらいあれば1割の60万の馬に出資しても全然良いのだけど、ここ2年、一口馬主と結婚であっというまにキャッシュが激減。全然足りない。ここで突っ込むと今後の出費によっては資金繰りに困る可能性すらありえる。みーたん(仮)の誕生を控えているし、ディフェンシブにならざるをえない。昨年のドラフトは175万のディープ牡馬に突っ込んだのに、今年は60万のダート馬にすら出資できなくなってしまった。忸怩たる思いである。

今日は仕事から帰宅し、嫁さんに「60万の馬に申込みしたかったけど、我慢したよ。みーたん(仮)も生まれるしね。いや~、ほんと断腸の思い」と恩着せがましくアピール。「家族の為に自分の楽しみを我慢していることを伝えることにより、秋のキャロットドラフトは思い通りに参加する」という作戦である。嫁さんは「最近は毎日検討していたよねー。我慢してくれたんだ、ありがとう。大丈夫?」とのこと。内心は「60万?この人何考えていたの?」と思っているかもしれないが、一応ポイントアップだと考えたい。

ルージュバックに加え、1/40勢のカタルーニャ、プラトリーナ、イムノスが稼いでくれれば、来年は出資できるでしょう。そう思って耐えます・・・



一口馬主 ブログランキングへ