妊娠初期はクリニックに行っていたが、そこは出産はできない為、妊娠3ヶ月目ぐらいから出産する予定の総合病院で検診を受けている。初めての出産ということもあり、「何かあった時でも搬送の必要がない総合病院が良いのでは」と二人で決めた結果、家から車で10分程度の総合病院に通っている。

そこから3回連続で付き添いをしている。診察に立ち会うわけではなく、送り迎えをしつつ待ち時間を一緒に過ごすだけ。 他の妊婦さんを見ると、ほとんどの人はダンナさんが来ていない。妊婦さんが自分で車を運転して来ていると思われる。確かに、検診は妊婦さん本人がいればそれで十分のようだ。その中で毎回付き添っている自分に「なんて奥さん思いのダンナなんだろう・・・」と思わず自画自賛。「出産・育児で立ち回りを間違えると一生嫁さんから責められる」というアドバイスもあるので、難易度低いところでポイントを稼いでおきたい。

そんなこんなで、今回は6か月目の検診。「もしかしたら性別わかるかな?」と思っていたが、検診終わった奥さんが「性別わかったよ!」と。先生と「聞きたい?」「はい」「お嬢さんですよー」というやり取りがあったとのこと。どちらかというと女の子希望だったので、それを聞いた時は思わずにやけてしまった。「パパ大好きな娘」「文学少女」という絵しか見えない・・・ とにかくこのまま順調にいってくれることを祈るのみである。

女の子と言えば、今日はキャロットのマリアライトがまさかの宝塚記念優勝。出資者の皆様おめでとうございます。それにしても、パーティーにあわせたかのような激走。宝塚記念を牝馬が勝つなんて滅多にないこと。やはり時代はキャロットなのか。自分はヒネってアンビシャス、シュヴァルグラン、ステファノス、カレンミロティック、サトノノブレスの馬連ボックスだったので論外。

しかし、牝馬で王道路線突き進んで結果を残すとは・・・。宝塚記念も随分前から狙ったローテーションを取り、それで勝ったのだから価値が高い。マリアライトは関東馬で久保田厩舎。当然ノーザンファーム天栄を使っているけれど、ルージュバックのような10日競馬ではなくて、厩舎で調教している期間もそこそこ長い。エリザベスも宝塚記念もそのパターンで勝っている。その辺はルージュバックとは違うところで、久保田厩舎の力量が高く牧場から信頼されているということなのかもしれない。

厩舎調整でも10日競馬でもどちらでも良いので、ルージュバックも後に続いて欲しいものである。天栄メインの10日競馬となれば、札幌記念から天皇賞秋への直行が濃厚。毎日王冠から天皇賞秋という王道ローテも見てみたいけれど、ここまで中2週を未体験ということもあり、前者のローテになるという読み。ただ、ここに来てモーリスが札幌記念という報道もあったので、あえてぶつけてはこない気もする。その辺の方針が非常に気になるところです。いずれにしても10月以降は生まれてくる可能性があるので現地観戦は不可能なのだけれど、出産祝いもかねて秋はルージュが大活躍してくれることを期待です。



一口馬主 ブログランキングへ