選挙に行ってきました。今回は投票したい候補・政党が無かったけれど、投票は貴重な権利ということで一応行ってきました。山形は保守王国と思いきや、反TPPを掲げる民進党・社民党が推薦する候補者が常に優勢で、確定が出ている。反TPPで農民票を取りまくっているようだ。支持政党は自民党が50%近いようだけど、そこは捻じれている様子。それだけJA(農家)の力が強いんですね。こういう空気感は実際に住んでみないとわからない。

政治に期待せず、子供には自力で生きていく力を身に着けさせたい。20年後には間違いなく「力の無い人、お金の無い人は死んでください」の世界が来ると思うので。「分配・社会保障に期待するようではダメだ」と。「お父さんは馬にお金使うからお前に使える金はないぞ」と。「できれば稼ぎまくって俺の老後を支えて欲しい。馬主になれとまでは言わないから」と。

本日はシルクのジョニーハンサムが未勝利戦で6着。勝てそうなのだけれど勝てない。デビュー4戦ともに田中勝騎手だけれど、ここは宗像師なので織り込み済みで文句も言えない。シルクはこの世代エンパイアメーカー2頭に絞って集中出資したのだけれど、完全に裏目。今思えばなんでエンパイアメーカーに行ったのだろうと思う。シルクは初年度出資馬もすべて未勝利引退しているので、現3歳世代のジョニーハンサムとジュメイラリーフが未勝利で終わればそのまま退会。シルクはこれから絶対に伸びるとは思うが、3,240円の月会費負担をカットする為に非情の決断。

さて、来週以降もちょこちょこ出走があるのだけれど、今月一番の楽しみはプラトリーナの新潟出走(7/30予定)。未勝利脱出のチャンスは後2走、良くて3走。ここからは1走1走が背水の陣になってくる。適性があっていると思われる新潟でビシッと決めて欲しい。1/40なので思い入れもあるのだけれど、ここまでの4戦いまだに現地応援に行けていない。新潟だと車で片道3時間。福島遠征でもかなり疲れたので、悩みどころ。

先週のルージュバックの更新
7/5  NF天栄
周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れています。「ゆっくりですが、少しずつ乗りも進めるようにしています。今週は坂路にも入ってごく軽めの部類である15-15のキャンターも行い始めましたが、まだピッチを上げて本格的に乗り込んでいく段階ではないのかなという状況に思えます。というのも、毛ヅヤなども本当にいいなと思うものでもないですから、体調ももうひとつなのかなという気がします。しばらくは軽めに乗りながら状態を上げていくことになるでしょう。馬体重は474キロです」(天栄担当者)
 
※キャロットクラブから許可を頂いています

いつも感じるのは、近況コメントのまわりくどさ、わかりづらさ。この辺、わざとやっているとしか思えない。とはいえ、煮え切らないコメントを深読みするのも一口馬主の楽しみ方の一つ。

他のノーザンF有力馬との兼ね合いがあるので、まだローテーションが確定していません。一応、札幌記念を念頭に置いているようですけれど、それを書いてしまうと変えた時にワーワー文句言われるので、今のところ書けません。とりあえず、どうなっても良いように軽めの調教はしています。ノーザンFからレースと騎手の指示が来たらまたお伝えしますね。

翻訳すればこんな感じだろうか。札幌記念出るなら行っちゃうかもしれないので早く決めてくれー。秋の遠征は絶対に無理だし、その後もしばらくは動け無さそうなので、夏の間に行けるだけ行っておきたい。行くなら自分一人で競馬場だけ行ってとんぼ返りかな。



一口馬主 ブログランキングへ