イスラボンさん出資のウムブルフが古馬相手の1000万下を圧勝。おめでとうございます。 これは菊花賞もそこそこ人気になりそうですね。社台でディープで堀厩舎。これがサンデーだったら滅茶苦茶人気になっていそうな条件。

そして今日の札幌記念。モーリス参戦で盛り上がりました。結果はキャロットのネオリアリズムが逃げ切り勝ち。これまた堀厩舎。アイルラヴァゲインにリアルインパクトはもちろん、弟のレアリスタもまだまだ活躍しそうな雰囲気。トキオリアリティーは本当に優秀な繁殖牝馬ですね。しかもサンデーに配された時はそこまで活躍していなくて、キャロットに来た馬がガンガン活躍している。

札幌記念、エプソムC直後はルージュバックも出る可能性はあったと思うけど、暑さに弱いみたいで結局スルーで毎日王冠へ。今回のメンバーはモーリスは別としてそこまで揃わなかったので、出走できればチャンスがあったように思う。少し残念。GⅠに近い賞金・格があるレースだし。

ネオリアリズムもこれで中距離王道路線に参戦か。キャロ勢は天皇賞秋にリオンディーズ、ステファノス、ルージュバックが出る見込み。騎手の配分をどうするのかが気になるところ。僕としては戸崎がステファノスとルージュバックのどちらに乗るのかが一番気になるところ。ルージュバックに乗ってくれれば良しだけれど、乗ってくれない場合にどうなるか。ルージュバックにルメールという可能性も考えていたけれど、ネオリアリズムが出走する場合はそちらに乗る可能性が出てきた。アンビシャスも横山典弘でいくのか、こちらにもルメールの可能性あり。ルージュバックも毎日王冠で内容が悪ければエリザベス女王杯にまわるだろうし、どうなるか本当にわからない。

札幌記念、番長さん出資でサムソン産駒のレッドソロモンも少し期待していたけれど、結果12着。1600万下を連勝した強い馬だけれど、今回は勝負にならなかった。いずれはこの馬かストレンジクォークが重賞勝ちして欲しいものです。

最後に、7月末に未勝利脱出したプラトリーナ。北海道のNF早来で夏休みをしているのだけど、馬体重が減ってなんと382㎏!もともと400㎏ぐらいの馬だけど、いくらなんでも細すぎる。後50㎏増えて欲しいけれど、もうどうにもならないものなのかな・・・。このままだとなかなか天栄にも戻れない。北海道でリラックスしていっぱい餌を食べて欲しいものである。サンデー出資もう一頭のカタルーニャは骨折からの復帰にまだしばらくかかりそうだし、2歳馬のイムノスはまだ入厩気配なし。10月の毎日王冠まで楽しみが無い・・・。



一口馬主 ブログランキングへ