「君の名は。」が滅茶苦茶売れているらしい。 興行収入が100億円を超えそうだとか。

「いきなり入れ替わって生活できるわけないだろ」 「入れ替わって年がズレているの気付くだろ」 「バイト先の先輩が薄っぺらくて魅力がまったくない」 「主人公が典型的なリア充過ぎて感情移入できない」 「今までのツルゲーネフ的非モテの世界観・寝取られ展開はどこにいったの?」 「男女入れ替わり+タイムリープって無理矢理すぎ」 と違和感ありまくり。評価できるのは「俺は彼女いないんじゃなくて作らないだけ」という負け惜しみのセリフぐらいだったのだが、なぜか受けているらしい。なにしろ100億円。宮崎駿クラスで国民的映画と言っていいレベル。とはいっても、宮崎駿作品はエゴ丸出しで作家性が強い。ポニョにしても風立ちぬにしてもぶっ飛んでいた。ブランド力+宣伝ゴリ押しであそこまで売れるけれど、普通だったらたいして客も入らず一部の批評家にしか受けない内容。積み上げたものがあるから好き勝手に作れているだけで、あれが宮崎駿じゃなかったら他の人が止めている。新海誠はそこまでのブランド力はないので、ある程度「売れる」ものを作らないといけない立場。それゆえ今回のような作品になったのだろうか(そもそも、「売れるものを作ろう」と作って結果を出すこともなかなかできないことだけれども)。 これだけの爆裂ヒットを飛ばして、次は更に金が投入される立場になるはず。そこで無難に行くのか、尖った部分をいれていくのか。数年後になるだろうけれど次の作品が楽しみである。


さて、今日は「闇金ウシジマくん Part3」を映画館で鑑賞。自分としては「BIG」か「聲の形」の方が興味あったが、いつも自分チョイスが多いので今回は妻チョイスで。大きく二つのストーリーが並行して進展していくわけだけれど、一つがネットワークビジネスがテーマになっていて、それが面白かった。教祖が「ネットビジネスで起業しよう」と言って、情報商材を売りつけるというやつなのだけども。教祖のキャラクターがいかにもいそうで面白かった。お笑い要素がありながらも本質的にはダークな内容なので疲れました。暴力シーンもあり、胎教にも良くないのではなかろうか。客層も普段観に行っている映画とは違う感じ(ヤンキーっぽい人が多い)で面白かった。

ここからは「ハドソン川の奇跡」「シング・ストリート 未来へのうた」「何者」あたりを観たいけれど、そろそろ嫁さんが出産直前できつくなってくる頃なので、難しいかもしれない。家でDVDを観るのが好きでないので、できれば映画館で観たいところ。
 


一口馬主 ブログランキングへ