宇都宮の爆発事件の人のブログが怖い。文章の主語・述語がかなり乱れていて、「まっとうな人じゃない感」がプンプン匂っている。 文章は人を表しますね。娘さんが病気で奥さんが宗教にハマってしまったということはお気の毒だけれども、「その原因の結構な部分がこの人にあるのでは?」と思わされます。こんなのが父親だったら嫌すぎる。

自分の主張をブログで訴えるという心は良い。これぞブロガー魂。ただ、ネット炎上を期待するもまったく反応が無いという寂しさを味わうわけです。
ネット炎上を期待しているのですが、訪問者さえ少なく、色々と工夫しております。
大げさにしなければ成りません。
このままブログという枠の中で工夫してくれれば良かったのに・・・。無理だったからあのようなリアル炎上を起こしてしまったのだろうけど、大げさにする方向性が間違っている。ブロガーたるもの皆自己顕示欲の塊なのだろうけれど、自分も「リアル炎上」という禁じ手、ダークサイドに堕ちないように注意したいものです。

ただ、これからこういう事件も増えるのではないだろうか。熟年離婚した男性が自暴自棄になって何か起こすっていうパターン。自分もついこの前結婚したばかりでなんだけど、そもそも独身男性は守るものがない故に何をするかわからない怖さがある。色々な事件を起こしているのって、たいてい独身非モテ男性だし。いや、今まで自分もそういう風に見られていたんだろうなというのが結婚してみてわかりました。「だからみんな結婚しろ結婚しろとうるさかったのか!」と。社長も「結婚してない奴に大事な仕事は任せられない!」と明言してた。当時は「昭和かよ!」と思っていたけれど、あながち間違ってないかもしれない。独身勢には失敗してもいいからとりあえず結婚してみることをおすすめしたい。



一口馬主 ブログランキングへ