一口馬主、現3歳の出資馬が勝ち上がれずだいぶ引退したので、出走ペースが少なくなっている。ちょっとさびしい。現2歳は2頭しか出資していない上にまだ未出走。ルージュ妹のエリティエールはなかなか仕上がらず年明けデビューが濃厚。1/40のイムノスも「体力的にはまだまだです」と言われ、体重も411kgしかない。2頭ともディープ産駒で素質はありそうだけれど不安が大きい。特にイムノスは投じている金が違うので震えています。

さて、もう一頭の1/40の3歳牝馬プラトリーナ。7月末に未勝利戦を勝ち上がったあとは早来に戻し、じっくりと休養して10月半ばに天栄に戻ってきました。そして11/19(土)の福島で復帰戦。ここまでマイルを中心に使ってきたのだけど、なぜか今回は1200mに距離短縮。それが吉と出るか凶と出るか・・・。前走は394㎏だった体重が430㎏弱まで増えているようで、そこは好材料。一週前追い切りの反応はイマイチだったようだけど、素質で勝ちきって欲しいところ。またもや現地観戦には行けないのだけれど、応援です。1/40出資馬同世代の故障引退したカタルーニャの分まで頑張って欲しいです。

ルージュバックの方は、予定通りジャパンカップの特別登録を行ったとのこと。これは嬉しい。今回はさすがに人気も落ちるだろう。今までのようにマークされることもなく、プレッシャーもない。戸崎騎手も今回は期すところがあるだろう。キタサンブラック、ゴールドアクター、リアルスティール、ディーマジェスティ、シュヴァルグラン、この辺が人気と思われる。天皇賞とはだいぶメンツが入れ替わっているけれど、こちらも好メンバー。スローの瞬発力勝負になることを期待します。

今日のエリザベス女王杯は、マンカフェ産駒がまさかのワンツー。一見「ルージュバックも出ていれば」というところだけど、内を突く器用な競馬ができないだけに出ても難しかったはず。ジャパンカップでビッグボーナスが正しい選択だと信じています。


一口馬主 ブログランキングへ