娘が生後10か月目に突入。当初「1歳頃を狙って」としていた根治手術に進めるかどうかのチェックの為、先日二泊三日でカテーテル検査の入院をした。結果、「心臓や血管の成長が順調に進んでいる」とのことで、根治手術を行うことが決まった。一般的に、心臓病の子は体重が増えにくい傾向にあるらしい。手術する為にはある程度の成長が必要な為、それがネックになるケースがあるのだけれど、うちの娘は最初にした姑息手術(つなぎの手術)がうまくいって、順調そのもの。ミルクはたくさん飲むし、離乳食もパクパク食べる。いずれもまず残さない。体重は9か月目から9㎏を超えており、むしろ大きい方だ。

このまま手術までなんとか乗り切って欲しい。カテーテル検査時は小児科での入院だったが、心臓病が専門の病院なので、皆心臓病で手術した人、しようとしている人ばかり。何人かの親御さんと話したが、皆さん全国いろいろなところから来ていた。とにかく手術件数が多くて安心だったり、ゴッドハンド的な先生がいたり、地元の病院では対応できなくて紹介されたり、という理由があって来ているとのこと。手術を受けた人は、皆「この病院で良かった」と言っていた。執刀医はもちろん、麻酔医や看護師もプロ集団。手術時間も短くしてくれるので回復も早いそうだ。そういう話を聞けて良かった。

自分の娘の病気は割と患者が多く、手術件数も多いのである程度は安心。ただし、自分の弁膜を温存できるかそうでないかで予後が変わってくる。人工弁だと将来的に交換手術が必要になってくるので、温存できれば嬉しい。どちらになるかは、まだ確定していない。事前に方針は決まるけれど、他の人に聞いた話だと術中に変更になることもあるらしい。こればかりは先生に任せるしかない。手術は来月下旬予定。後はそこまで体調を崩させずいけるよう、気を付けたい。毎年自分が体調を崩す時期なので・・・。インフルの予防接種は即受けなければ。


ちなみに、育児はそこそこ頑張ってます。平日は朝のお着替え、ミルク。お風呂の時間に帰ってこれないので、寝る前のミルクと寝かせつけ。土日は離乳食あげるのも含めて着替え、オムツ、ミルク、離乳食、お風呂、寝かせつけ、ほぼフルで相手してます。夜は妻と一日交代で添い寝。当番じゃない方は「別室で一人になって休息する」というスタイル。自分の時間が作れないのがキツいけれど、とにかくかわいいからなんとかやれる。自分がこんな育児するとは思わなかったけれど、いざ子供ができると人間変わるものですね。