キャロット出資馬のアンフィトリテが新馬勝ち。
9/18 中山5R 芝1200m

宗像師(主戦が丸田騎手か田中勝騎手)にも関わらず鞍上にルメールが決まった時点で「あれ?」と思ったが、予想の◎も多く、単勝1.8倍。「もしかして素質馬?」と淡い期待でテレビ観戦していたが、好スタートから中団に控えて、直線「1200でここから差すのは厳しいのでは・・・」という位置からぐんぐん伸びて最後2馬身差の圧勝。気持ちの良い新馬勝ちだった。控えたレースぶりを見ると、1400までは距離が伸びても対応できそう。なんとかマイルまで対応できると嬉しい。

このアンフィトリテ、トキオリアリティー牝系で父ロードカナロアと人気になりそうな馬なのだが、募集時は不人気で、近年のキャロットには珍しく1次で埋まらなかった。宗像師、つなぎが立ち気味、管囲もやや細め、でも募集価格は2400万とそこそこ、などの点で嫌われたのだと思う。自分は血統に惹かれて、後は将来の母馬優先候補という淡い期待もあって出資したのだが、これはもしかしたら化けるかもしれない。前述の通り、新馬戦にルメールが手配されたということは、ノーザン・キャロットの期待もそれなりにあるということだろう。3歳夏からはスプリント路線でも良いので、そこまでの期間はうまいこと重賞路線に乗って稼いでくれることを期待。体質的にリスクがある馬なので、とにかく無事にいって欲しい。

ちなみに、この世代はキャロットで5頭出資。無駄に最優先使った(一般でも獲れた)サザンスパークルがデビュー前に引退し、ペルネッティア、ユナニマスは体調面で問題が出ている。テトラクォークは11月のデビューを目指しているが、いずれにしてもあまり期待できない状況である。少なくとも次走まではアンフィトリテで夢を見させてもらいます。

さて、来週はいよいよルージュバックの復帰戦。オールカマーからエリザベスに行って、それなりの結果出せば有馬記念に出て引退だろう。エリザベスで引退する可能性もあるので、競馬場で観ることができるのはラストチャンスかもしれない。果たして行けるかどうか、それが問題である。


一口馬主 ブログランキングへ