ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

一口馬主

【一口馬主】10日競馬

ルージュバックが勝てるかどうか、大きな注目を集めている。
毎日王冠から放牧を挟んで天皇賞を勝った馬は過去にいないだろう。
「10日競馬」の究極とも言える試みで、これが決まれば相当インパクトがあるはず。

「馬は厩舎で調整すべき」という考え方も根強いようで、
このやり方に批判的な声もちらほら聞く。
「調教師の仕事はなんなの?」とか。
「大竹師はプライドがないの?」とか。

まず、大竹師に文句言うのはナンセンス。
大竹師が決めているわけではないし。
矛先向けるなら馬主のキャロットクラブかその上のノーザンファームでしょう。

そもそも、10日競馬を批判するのは意味がないと思う。
この問題は「調教師が調教するのが望ましいからそうさせるべき」という選択の問題でなくて、
今のJRAの制度の中で考えた場合に自然な状態だと思うので。

特に関東馬の方は間違いない。
設備が悪い、水が悪い、給料が高い(コストのかかる)美浦でわざわざ調整するより、
設備も水も良く、若くてモチベーションの高いスタッフの揃っている(コストの安い)
ノーザンファーム天栄で調教した方が良いじゃないですか。
厩舎で調整させると仕上げにムラが出てくるけれど、
天栄で仕上げればだいたい90%以上の仕上がりで出せるわけですから。
実際にそれで結果も出ているし。

調教師が既得権で先生だった時代は終わって、基本は中間管理職なんですよね。
特にクラブ馬の場合は下請的存在と言ってもいいかもしれない。
ノーザンファームの指示に従って活動するスタッフ。
西の名門厩舎や関東の藤沢・堀厩舎みたいな例外を除き、スタッフに徹するしかない。
もちろん、そこで実績を積んで信頼を得られれば裁量も多少は増えていくでしょう。
なんだかんだで最後の仕上げは調教師で、それが重要なのも間違いないので。
キムテツもぼろくそ言われていたけれど、今では藤沢師・堀師に次ぐ成績で若手エース扱い。
今まで関東に入ってこなかったような良い馬をバンバンいれてもらっているけれど、
当面その流れは変わらないでしょう。

いずれにしても、今回のルージュバックの天皇賞は大きなポイント。
ここで負けると「ほれ見たことかw」「10日競馬w」と叩かれること必至。
逆に勝てばノーザンファーム天栄の力が世間に広まるだろうし、
10日競馬がますます当たり前になっていくでしょう。
ノーザンファーム・ルージュバックには10日競馬で是非とも勝ちきって欲しいものです。


一口馬主 ブログランキングへ

 

【病気】肺炎からほぼ回復

肺炎の経過メモ
10/10(月)~10/13(木)東京出張
10/14(金)調子が悪くなっていたが、飲み会に参加
10/15,16(土・日) 鼻水・セキ・熱。夜は過去に経験のない39.9℃の高熱。
10/17(月)内科受診 インフルエンザ一点読みも検査の結果は陰性。普通の風邪薬一式をもらう。
10/18(火) 薬を飲みながら静養。まったくよくならず。
10/19(水)耳鼻科受診 肺炎を疑うも 「肺炎は内科で見てもらってください」とのことだったので、ハシゴして別の内科を受診 レントゲンを撮り肺炎と診断 尿検査で肺炎球菌は否定され、特定の為の培養検査 
抗生物質による服薬治療に。
可能性は低いものの感染の可能性がある為、ホテルに泊まる。
発症から継続だが、鼻水が止まらず、横になってもすぐ苦しくなる状態が続く。夜はほとんど眠れない。
ホテルで泊まるのも肉体的・精神的にきつく、結局ホテル泊まりはこの1日だけ。
10/20,21(木・金) 薬のせいか多少は良くなり夜もある程度寝られるようになる。
10/22(土) 内科受診。肺炎の種類がインフルエンザ菌ということがわかる。
10/23(日) 静養
今のところ、10/26(水)に次の診察を受けて、その足で仕事に復帰予定。

という状況。
日本人の死亡原因の3位が肺炎ということだけど、確かにこれは年寄りだったら死ぬ。自分も一番ひどい時は死ぬツラさだったので入院させて欲しかった。とにかく寝られないのがキツい。若者は入院はさせてもらえないようで結局自宅療養したのだけど、いつ陣痛が起きてもおかしくない妻に家事を全部やってもらう+看護してもらいました。頭が上がりません。今はだいぶ良くなったので、「ひたすら家にいるけど何もしない」という定年後の粗大ゴミ夫状態になってます。今日も買い物に行く妻に「スポーツ新聞買ってきて」とお願いしたら少し呆れられてしまった。「サボらせてくれるんだったら、いつまででもサボれますよ」と思っていたけれど、これだけ家にいると不思議なことに仕事に行きたくなってきます。いやあ、健康って大事ですね。

なんだかんだで肺炎の菌があるわけです。ここで生まれてきてしまうと立ち会い出産や生まれた直後に抱っこすることも難しいだろうから、赤ちゃんには出てくるのをもうちょっと我慢して欲しい。当初予定通り来週末ならなんとか大丈夫なはず。それだったら笑い話で済むけど、今週生まれてきてしまうと「パパは肺炎で立ち会ってくれなかったんだよ」「一番大変な時期にパパが肺炎になってママ大変だったんだから」と一生言われるパターン。あとたぶん今回の件は義父母には伏せていると思うので、それがバレた時もちょっと気まずい。


さて、菊花賞も終わり、いよいよ天皇賞ウィークに!
ルージュバックへの期待が高まります。「毎日王冠から外厩への放牧を挟んでの天皇賞制覇」となったらかなりの事件じゃないでしょうか。ノーザンファームグループの一つの成果になるはず。今後の為にも実現して欲しいです。

一週前予想
◎ルージュバック
○モーリス
▲アンビシャス
△ステファノス
△エイシンヒカリ

単勝、ルージュ1着固定の馬単と3連単で勝負したいですね。


一口馬主 ブログランキングへ

 

【一口馬主】ルージュバック、毎日王冠で外差し一閃

毎日王冠、ルージュバックが勝ちました!
追い切の際に大竹師から「実際のところ今日の反応はもうひとつで、いわゆる休み明けという感触でした。」という泣きのコメントもあったので、「今回は厳しいかな、でも能力で勝ちきれないかな」 とこちらも半信半疑だった。しかも一番人気になってまい、馬券的にも「リスクはあるのにオッズはおいしくない」状況。

今日は単勝と馬単を2:1の割合で買って妻とテレビ観戦で応援。後方待機から直線で外のポジションへ。直線半ばで差してきたときは「これは勝てる!」と思った。この外差しはルージュの勝ちパターン。アンビシャスを捉えた時はガッツポーズ。最後粘られたけれど、差し返されない確信はありました(結果論)。ゴールした時には思わず妻に抱きついてしまいました。えへへ。

毎日王冠はGⅡで賞金も高い。一口馬主DBの配当シミュレーションだと、4口計算で412,762円(月次271,153 円+年次141,609 円)。これは大きい・・・。これで赤ちゃんの為に電動ハイローチェア買えます。妻は別に要らないと言っているけど、紅子(仮名)の為に買うんです。アップリカのユラリズムオートかコンビのネムリラ。




ルージュバックの体調さえ良ければ、次走は天皇賞のはず。京都2200よりも東京2000の方が末脚炸裂できるので、是非ともチャレンジして欲しい。天皇賞を勝てば919,376円(月次602,979 円+316,397 円)!これは期待せざるをえない。メンバーも揃っていて特にエイシンヒカリとモーリスが強敵になるだろうけれど、今のルージュバックなら十分勝負になるはず。今までの人気のなり方を考えると下手したら1番人気になる可能性もあるのでは。せめて3番人気になって欲しいものです。

ルージュバックのおかげで今日は素晴らしい日でした。ありがとうございます。



一口馬主 ブログランキングへ
 

【一口馬主】スプリンターズS、凱旋門賞、毎日王冠など

・ストレンジクォーク
10/1の習志野特別1000万下、戸崎を鞍上に圧倒的1番人気で出走するも、2着。これでなんと4戦連続2着。1600万下で連続2着しているのに1000万下で勝てないというもどかしさ。差しても先行しても微妙に届かない。蛯名・ルメール・戸崎が乗っての結果なのだからもうこれはしょうがない。とはいっても、募集価格1400万の馬が既に約8,000万稼いでいる。故障さえしなければ1億円以上稼ぐのは確実。母父タキオンだからか短期放牧挟みながらの出走になるけれど、息長く走って欲しいです。もちろん、次あたりで久しぶりの勝利を決めてくれれば嬉しい。

・スプリンターズS
番長さんの出資馬、レッドファルクスが勝利。社台ファームのスウェプトオーヴァーボード産駒、募集価格1600万の馬がGⅠ勝つとは・・・。「アガれればラッキーかな」ぐらいの配牌からキー牌ツモりまくってメンタンピン一発ツモドラドに裏ドラ2枚乗って倍満になったぐらいの展開ですね。獲得賞金2億5千万超えとかヤバい。番長さんのように1000万円台の馬を大量購入するスタイルの人は意外に少ないのだけど、こういうのがあるから面白いですね。自分はキャロでそれやっているのだけれど、キャロ(ノーザンF)より社台産の馬の方が化ける可能性高いのかも。おめでとうございます!

・凱旋門賞
記念すべき海外馬券初発売ということで、馬券購入。「馬券で日本馬を応援しよう!」というタイプではないので、オッズ的に妙味があるであろうマカヒキ外しの馬連を購入。ポストボンド、ファウンド、ハーザンド、ハイランドリール、シルバーウェーヴの5頭ボックス、300円×10点。評価の低いハイランドリールをいれて3歳牝馬のレフトハンドを切ったのがうまくハマって万馬券。「ここでマカヒキ買うのはミーハー。冷静に切ったデジタルな判断、我ながら見事」と自画自賛状態で約4万円の払い戻しのはずだった。・・・が、なぜか払い戻しが0円。「まさか・・・」と思ったが、そうです、馬番で買わなければいけないところを枠番で買ってしまっていたというA級ミス。いや、「枠番ではなく馬番で投票してください」注意書きはいろいろなところにあったと思うのだけど、これわかりづらくないですか。枠番で買って間違えたの僕だけじゃないでしょ!パソコンだと番号だけだけど、スマホからだと馬名も表示されるらしいので、次からはスマホで買おうと思います。それにしてもなんでこういう時に当たっているんだ、というやり場のない怒り。次からは絶対に間違えないけれど、財政難の自分には痛い授業料だった。

それにしてもやっぱりムーアは上手い!ファウンドという馬も凄い戦績。2着が異常に多いけれど、牡馬相手だろうがいつも勝ち負け。日本で言うとブエナビスタみたいなポジションですかね。来日してそのままノーザンFが買い取ってくれると面白いけれど、さすがにそれはないか。

・毎日王冠
いよいよ明日。なんと1番人気になりそうな雰囲気。どれだけファンが多いのよルージュちゃん。いつもいつもオッズ妙味が無さすぎる。にも関わらず大竹師から泣きのコメントが出ているので馬券はあまり買いたくない。むしろ凱旋門賞のように馬券は外して買うという手もある。ルージュ外したら、どれでもそれなりにオッズがつくはず。「勝っても嬉しいし、負けても馬券でおいしい」作戦。

本調子じゃないとしても能力で勝ってくれればありがたい。なんだかんだで良馬場なら勝てるんじゃないかな。ここを勝てば天皇賞も見えてくるし、海外遠征も見えてくる。楽しみです。諸事情の為、現地観戦はせずにテレビ観戦。現地応援組の方はよろしくお願いします。



一口馬主 ブログランキングへ

 

【一口馬主】カタルーニャまさかの引退

サンデーで出資しているカタルーニャ(牡3歳)。春に骨折したものの、そろそろNF天栄に復帰のめどがたってきたというところだった。しかし、9/29に右前脚に腫れが出て、9/30に検査したところ重度の屈腱炎。即引退が決定・・・。本家の牡馬、募集価格は最安。しかし、新馬戦を3番人気3着。二戦目の未勝利をなんと1番人気で勝ってくれた。サムソン産駒らしく息長く500万下や1000万下で稼いでくれると思っていた。「もしかしたらいつかはオープン馬になるかも」と期待していた馬なので、ここでの引退は痛すぎる。あまりに急なので、まだ心の整理がつきません。

やはり一口馬主は無理ゲーだったか。

もう一頭のサンデー出資プラトリーナは7月に未勝利勝ち上がった後北海道で英気を養っていたけれど、そろそろNF天栄に復帰予定。出走時は394kgだった馬体重が438㎏まで増えたらしい。飼い食いの悪さ、体の細さがネックだっただけに、これはうれしい。カタルーニャの分まで頑張って欲しい。パワーがなく東京か新潟のコースがあうので、11月の東京に間に合うと良いですね。

後はもちろんルージュバック。
毎日王冠も現地観戦しないことにしたけれど、期待度は高い。リアルスティール、アンビシャス、ロゴタイプ、ステファノスと強敵揃いだけれど、圧勝して天皇賞秋へ向かって欲しいです。



一口馬主 ブログランキングへ



 
アクセスカウンター

    最新コメント