ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

育児

【育児】手術成功

先週、娘の根治手術だったのだけど、おかげさまで成功でした。
ファロー四徴症で「肺に行く血管が細くなっている」「左右の心室を分ける心室中隔という仕切りの壁がない」という症状があり、それを治す手術だった。肺動脈の狭窄を治す際に、弁膜が人工弁になるか、自分のものを温存できるかというのが気になっていたのだが、先生の事前説明では「やってみないとわからない」という答え。手術で切ってみて、その時の状況で決めるようなのである。人工弁の場合はどうしても劣化してくるので、15年、20年したら交換の手術をしなければいけなくなる。手術後の結果を聞くまでドキドキだったけれど、幸いにして娘の場合は自分の弁膜を温存できた。「まだまだいろいろ可能性あるけれど、基本的には普通の子と変わらない状態になったと言えます」と言われた!良かったー。

「死亡確率は0.5%~1%程度」という低いようで高いような話もあったので、手術を待っている4時間は気が気じゃなかった。だいたい大丈夫にしても、1/100引いたら死亡なんて怖すぎます。

術後はICUに移動し、翌日にPICU、2日後に病棟に移動。水分制限やいろいろ管がついていたりしているけれど、手術翌日にはご飯もパクパク食べていたとのこと。食欲旺盛で看護師さんも驚いていたw 心臓病の子は食が細くてなかなか体重が増えない子が多いそうだけど、娘は今まで食欲がないことが無かった。ミルクも飲んだし、離乳食も良く食べる。そのせいか身長は成長曲線の上限レベルになっている。だからこそ体力もあるし、術後の回復も早いのだろう。頼もしいです。自分も体調悪くても食欲が落ちたことがないので、その辺は似たのかもしれない・・・

人工心肺を使って、4時間になる大手術。それでもICUにいる期間が短かった。麻酔や手術の進め方なのかなんなのか・・・。手術件数日本一なので、慣れているのだろう。このまま順調にいけば2週間ぐらいで退院できるとのこと。生まれる数か月前から病気や根治手術のスケジュールを聞いていて、それからここまでが長かった。でも本当に良かった。妻がここまで健康に育ててくれたことに感謝。皆様にも感謝です。ありがとうございました。



一口馬主 ブログランキングへ

【育児】全員風邪

国政が面白くなっている。小池さんが解散総選挙の局面で勝負に出てきたという。勢力の再編成が行われたり、風を見て主君を変える人がいたり、戦国時代みたいでワクワクする。ましかし、なんでもかんでもというか、ガチガチ右派の中山さん受け入れているのはどうなんだろうか。誰でもいれている分、明確な政策が出せないし。それでも希望の党が勝ちきったら凄い。政治には高齢者偏重の社会保障費を是正して欲しいけど、そんなことは誰も言えないだろうから期待せずで。ただ投票には行きます。

さて、子供がRSウイルスに感染。風邪の強化版みたいなやつで心臓病の子供がかかったら重症化しやすくまずいのだが、事前にシナジス注射という予防接種的なのを打っていた為か、軽い症状で済んでいる。シナジス注射、1本15万ぐらいするやつなのだが、1か月で効果が切れるらしく、シーズン中は毎月打たないといけない。物凄い医療費だが、保険者のこども医療費制度で最終的な自己負担はほぼ無し。日本の医療制度は手厚いですね(まあ、国の財政赤字で結局は子供世代の借金になるのだけど)。


RSウイルスか否か不明だけど、自分も妻も風邪になるという地獄モード。育児あるあるなんだろうけど、ツラい。自分はアレルギーのせいか秋から冬にかけて毎年のように体調崩しているので、これから大変である。なんとか10月の手術のタイミングは家族揃っていい状態でいきたい。

引き続き育児は疲弊しています。前にも書いたけど、平日の朝は着替え、離乳食食べさせる(準備は妻)+ミルク。平日の夜は帰宅が20時過ぎなのであまり参加できないが、ほぼ100%自分が寝かせつけを担当し、妻と一日交代で娘と一緒に寝る(もう一人は別室でリラックスして寝る)。土日になるとほぼつきっきり。

自分はもともと他人やペットの面倒を見るのが苦手で、基本面倒くさがり屋。なので、自分的には仕事をしながら結構参加している感覚。「俺、なかなか良くやっているよな・・・」ぐらいに思っている。ましかし、妻も平日ワンオペがかなりキツいようだ。核家族で実家も遠いとなると育児ってきついなあと思う。もうちょっと公的な支援があると嬉しい。ファミサポとかあるようだけど使いづらいし。そもそも、うちの娘の場合は病気もあるので落ち着くまであまり大勢人が居る所に預けられないというのがあるけど・・・。なんとか妻をフォローしつつ、だましだまし頑張ります。娘も順調に成長し、もう少しで単独で立てるのではないかと。たまに「パパ」と言うようになったので、それを励みにしています。

【育児】手術予定が決まる

娘が生後10か月目に突入。当初「1歳頃を狙って」としていた根治手術に進めるかどうかのチェックの為、先日二泊三日でカテーテル検査の入院をした。結果、「心臓や血管の成長が順調に進んでいる」とのことで、根治手術を行うことが決まった。一般的に、心臓病の子は体重が増えにくい傾向にあるらしい。手術する為にはある程度の成長が必要な為、それがネックになるケースがあるのだけれど、うちの娘は最初にした姑息手術(つなぎの手術)がうまくいって、順調そのもの。ミルクはたくさん飲むし、離乳食もパクパク食べる。いずれもまず残さない。体重は9か月目から9㎏を超えており、むしろ大きい方だ。

このまま手術までなんとか乗り切って欲しい。カテーテル検査時は小児科での入院だったが、心臓病が専門の病院なので、皆心臓病で手術した人、しようとしている人ばかり。何人かの親御さんと話したが、皆さん全国いろいろなところから来ていた。とにかく手術件数が多くて安心だったり、ゴッドハンド的な先生がいたり、地元の病院では対応できなくて紹介されたり、という理由があって来ているとのこと。手術を受けた人は、皆「この病院で良かった」と言っていた。執刀医はもちろん、麻酔医や看護師もプロ集団。手術時間も短くしてくれるので回復も早いそうだ。そういう話を聞けて良かった。

自分の娘の病気は割と患者が多く、手術件数も多いのである程度は安心。ただし、自分の弁膜を温存できるかそうでないかで予後が変わってくる。人工弁だと将来的に交換手術が必要になってくるので、温存できれば嬉しい。どちらになるかは、まだ確定していない。事前に方針は決まるけれど、他の人に聞いた話だと術中に変更になることもあるらしい。こればかりは先生に任せるしかない。手術は来月下旬予定。後はそこまで体調を崩させずいけるよう、気を付けたい。毎年自分が体調を崩す時期なので・・・。インフルの予防接種は即受けなければ。


ちなみに、育児はそこそこ頑張ってます。平日は朝のお着替え、ミルク。お風呂の時間に帰ってこれないので、寝る前のミルクと寝かせつけ。土日は離乳食あげるのも含めて着替え、オムツ、ミルク、離乳食、お風呂、寝かせつけ、ほぼフルで相手してます。夜は妻と一日交代で添い寝。当番じゃない方は「別室で一人になって休息する」というスタイル。自分の時間が作れないのがキツいけれど、とにかくかわいいからなんとかやれる。自分がこんな育児するとは思わなかったけれど、いざ子供ができると人間変わるものですね。

エリティエールがまさかの勝ち上がり

ルージュバックの半妹、エリティエールが未勝利を勝ちました。
脚に違和感があるような厩舎コメントも出ていて
「勝ち上がりは厳しいだろうな」と覚悟していたけれど、
新潟で見違えるような末脚を見せての勝利。
こういうこともあるんですね。
体調が良くなったらまだまだ活躍できそう。
新潟と府中の専用機になりそうだけど、それで良し。

3歳世代の出資馬はエリティエールとイムノスだけ。
次週はもう一頭のイムノスが登場。
もう一戦できるとしても、ほぼラストチャンス。
ここも新潟でなんとか勝ち上がって欲しい・・・
サンクコストだけど、募集額7,000万の馬で未勝利だと寒い。
人の高額馬が未勝利で終わるのを横で見る分にはいいけど、自分で食らうとツラい。
これからは1/40の高額馬に出資することもないので、イムノスが最後の夢。
とにかく勝ち上がってくれー。


さて、長女の方はここまで順調。
良く笑うしとにかくかわいい。
「自分の子がかわいくなかったらどうしよう・・・」
「子供に興味ないけど、自分の子ならかわいく思えるのかな?」
と親になる前は思っていたけれど、杞憂でした。
ここ2,3ヶ月でショッピングセンターに外出するようになって
赤ちゃんの姿も良く見るようになったけど、
だいたい長女が一番かわいいです。
客観的に見て長女の「かわいい偏差値」はかなり高いように思える。
健康、性格、勉強はもちろんだけど、
ルックス的にこれからどう育っていくのかが楽しみすぎます。

来月に検査入院があり、手術への準備が始まる。
とにかく体調を崩さないようにいきたい。
長女は一度も体調を崩したことがないけれど、自分が秋にだいたい体調崩すので
そこには気を付けなければ。
昨年は出産前に肺炎になって地獄を見た&妻に迷惑かけまくったので・・・

育児のペースにも慣れてきたので、ブログもちょこちょこ更新したいと思います。



一口馬主 ブログランキングへ



【育児】6か月目

御無沙汰しています。
育児の波にさらされていました。
現在6か月だけど、予想以上に大変。
「恒常的に泣く」という状態は3ヶ月か4ヶ月で脱するも、
いわゆる寝グズりがすごい。
普通に抱っこしても、歌をうたっても、おもちゃを使っても泣き止まない。
抱っこひもを使って抱っこするとおとなしくなるケースが多いので、
それでなんとか凌いだり・・・
自分は平日は仕事で離脱している時間が多いけれど、妻が大変ですね。
四六時中一緒なので負担が多く、育児うつ状態に。
そういう意味でも心が休まらない日々が続いています。
義母に泊まり込みで来てもらったりしてだいぶ助かっている。
多少は気を使うにしても、プラス効果の方が断然多いです。
義母が来ていない時は自分が娘と一緒に寝て、
妻を一人にしてあげるようにしています。

ましかし、自分の方はかわいいばかり。
表情が豊かでよく笑うし。
女の子ってこともあり、甘やかしています。
今週からはいはいで前に進むことができるようになってきました。
おすわりはまだですね。

そして、自分の異動があり首都圏に引っ越すことになりました。
娘も日本で一番の病院に行けることになったので、非常にありがたい。
手術に向けて引き続き頑張っていきたいと思います。


IMG_2680


一口馬主 ブログランキングへ




アクセスカウンター

    最新コメント