ペチョーリンblog

育児・一口馬主(サンデー・キャロット)

育児

【育児】集中練習

娘はいまだ入院中で、妻は2週間泊まり込みで合宿状態。自分も年末年始休暇の5日間、ひたすら病院に通った。1日6時間~8時間×5日間連続だったので、かなり経験値が上がった感がある。

なんといっても「あやす」「泣かせない」スキルを身につけることができた。赤ちゃんでも意外に起きている時間が長いのだが、 抱っこしていても油断するとすぐ泣く。この前までは娘が泣きだしてギャン泣き状態になったらオロオロするしかなく、妻に「ごめん、頼む!」とお願いするしかなかった。娘を妻に渡しただけで泣き止むことも結構あったし、そうでなくても妻は揺らしたりスクワットしたりしてうまく収めていた。どうしても泣き止まない時は「おっぱいを吸わせる」という最強カードで解決。

自分は戦力になれず不本意だったのが、娘と一緒の時間を過ごすことでだいぶパターンがわかってきた。泣く時の流れが決まっているのである。
「顔が赤くなる・表情が渋くなる」→「咳き込みだす」→「泣きだす」→「そこそこ泣く」→「ギャン泣き」

ご機嫌状態から一瞬で上記のように進行してしまうことも多い。特にギャン泣きモードは危険で、ここになるとおっぱい無しで止めるのが難しくなる。コツとしては、できるだけ初期のフェイズで消火すること。できれば咳き込みだしたところ、遅くても泣きだした瞬間ぐらいで止めにいく。このフェイズなら、立て揺れを少し強くしたり、おもちゃで気をそらしたりすればだいたいおさまる。「育児のコツは赤ちゃんの気をいかにそらすか」と何かのマンガで読んだが、わずかな育児体験で既にそれを実感。

一時期は赤ちゃんが泣き止む音(心臓音・胎内音など)などを活用していたが、今ではそれがなくても大丈夫。ミルク飲ませやオムツ交換も何回かやって、自信を持って娘の相手ができるようになった。妻がシャワーやコンビニ行きでいなくなる時間も問題なし。これなら家に帰ってきてもなんとかやれそうだ。お風呂は退院して家に帰ってきてからやるので、それがどうか。順調にいけば、もう数日で待望の退院。楽しみである。


一口馬主 ブログランキングへ


 

【一口馬主】今年の総括

今年も皆様には大変お世話になりました。
結婚式、すぐさま妊娠がわかり11月に第一子誕生とバタバタとした1年でした。
「自分の娘のルックスは客観的には見られない」と言うけれど、かわいいです・・・

201612


今年の一口馬主の成績を。
・出走70 9勝(重賞2勝) 勝率.129
・2012年産(4歳)世代はルージュバックのおかげでプラス
ルージュバックが重賞2勝。特に古馬王道GⅡの毎日王冠を勝ったのには震えた。その後に天皇賞からジャパンカップと王道路線に行ってくれたのも嬉しかった。結果は出なかったものの、人気で出走できるだけで熱い。配当的にもおいしく、ルージュバックのおかげで2012年世代の累計収支は50万以上プラス。来年の春のローテがまったく読めないけれど、楽しみしかありません。ストレンジクォークはなかなか勝ちきれなかったものの獲得賞金1億が狙える馬だと思います。復活したピンクブーケもまだ勝てるはず。
・2013年産(3歳)世代がボロボロ
ディープ産駒3頭など、売れ残りで固めた2012年産世代と比較し自信のチョイスだったが、結果は散々。中央馬が11頭いて勝ち上がりはわずか4頭。クラシック出走も無し。期待していたサンデーのカタルーニャが故障引退したのも痛かった。地方馬1頭も未勝利で、この世代だけでマイナス300万以上・・・。もう挽回は不可能だけど、1/40のプラトリーナ(現在500万下)が少しでも稼いでくれるのを期待。
・2014年産(2歳)世代はデビューできず
イムノス(サンデー)とエリティエール(キャロット)の2頭しか出資しなかったが、いずれも仕上がらずにデビューは年明けに。ということで、この世代もクラシックの夢が破れました。収支がどうなるかはイムノス次第。できれば新馬戦のあるうちにデビューを。出資額とここまでの維持費で既にマイナス200万オーバーなので、未勝利で終わるとシャレにならない。
・2015年産(1歳)世代はキャロットのみ
結婚したことにより、明確に投資額縮小。キャロットで1口のみ×5頭出資。4年連続出資のジンジャーパンチとリーチコンセンサスに特に期待。ここの世代は40万弱のイニシャルコストなので気楽。1頭だけでもクラシックに乗ってくれることを期待。

2016年結果


ということで、来年もよろしくお願いします。



一口馬主 ブログランキングへ

【育児】育児マンガベスト3

クリスマスの3連休は病院通いで終わりました。各日4時間~6時間ぐらい居たので、娘ともそれなりにふれあいました。赤ちゃんはみんなそうなのかもしれないけれど、抱っこが好きな子なので、結構抱っこします。今日は妻が買い出しやお風呂に行っている間に自分が娘の相手をしていたのだが、計3回ギャン泣き。抱っこしても 「なんでそんなに泣くの?!」と言いたくなるぐらい止まらない。しかも妻にバトンタッチするとあっさり収まるので結構心折れた。 「割とコミュニケーション取れて来てるかな・・・」なんて思っていたのだけど、あっさりと打ち砕かれました。妻は24時間付添で比較にならないぐらい大変なのだけど、今日は逃げるように帰ってしまった。「仕事に逃げて育児をしない」パパ勢の気持ちがわかりました。

さて、いろいろ育児マンガを読んだ。だいぶこのジャンルも流行っているみたいだ。今までまったく興味がなかったけれど、結構面白いのがあります。たぶん10作品以上読んだけど、その中から勝手ながらベスト3を発表します。

第3位





育児マンガといえばだいたい母親である女性が作者のものばかりだけれど、これは男性目線。売れないマンガ家である著者が一人娘の育児について描いています。だからなのか、出産や育児の生々しいところ、ハードなところは描いていない。男性ならではの距離感を保ちながら、育児の「楽しい」「娘かわいい」「くすっと笑える」要素が中心なので安心して読めます。もっちゃんかわいいです。ブログから本になったようです。

第2位




最近Kindle Unlimitedに加入した。これが月額980円でそれなりに読めて嬉しい。「人気タイトルがどんどん削られている!」なんて話もあるけれど、980円なら十分すぎるぐらい。この桜まづるさんのシリーズ3冊も現在は対象。おいしすぎる。マンガ家として実績がある人ではないのか、他に著作もない様子。しかもこの本はkindle専用っぽい。Kindle Unlimitedでなく普通に買っても1冊398円という安さ。期待せずに読み始めたのだけど、この人の斜に構えたギャグセンスは自分的には相当ツボだった。 冷めたところとブラックジョークなところと。女性側から描いた育児マンガはだいたい「ダンナが使えない」「ことこまかに言えばやってくれるけど、自分からは動かない」というパターンが多いけど、これもそのパターン。見ての通りダンナさんの顔のデフォルメ具合とかひどいのだけど、それも面白い。普通に1人目が出来てから、2人目で不妊治療をしている。最近はそういうケースも多いようだけど、マンガになっているのは珍しいのでは。ただ、そういうの抜きにしてもおすすめです。続編が出たらまた読みたい。

第1位


ダンナが転勤族なのか、「富山に転勤で友達誰もいない状態」という中での育児。その辺はうちも近いものがあります。趣味でブログをしていて人気が出たので本を出したパターンかな。なので、この人もこの作品しか発表しいない様子。このジャンルはそういうケースが多いようです。でもこちらもクオリティは相当高い。著者(母親)がにわとりで書かれているのが特徴か。スピーディーに描く為の工夫かもしれないけれど、にわとりの顔なのに表情豊かでシュール。この人もユーモアセンスが抜群で第2位の桜まづるさんと甲乙つけがたい。ズボラで適当という自虐ネタとか、「「旦那は新人バイト君」とか爆笑必至。ネコとイヌを飼っているのもポイント高い。これは絶対のおすすめ。



一口馬主 ブログランキングへ 

【育児】ここまでの経過

ブログしばらくお休みしてしまいました。
バタバタとしていてブログを書く余裕がなかった・・・

前回は出産後の経緯は下記。

誕生後、そのままNICUに。3週間程度様子を見て小児科病棟に移る予定→11月下旬、いざ小児科病棟に移るという日にチアノーゼの軽い発作が出たので移るのを延期→1週間様子を見て、12月頭に小児科病棟へ移動・妻の付添入院開始→当初は1週間程度で退院の予定→チアノーゼの発作が出るので退院延期→「そろそろ退院かな」と思っていたところ、「年明けに姑息手術をする」と言われる→言われた翌日、年明けまで引っ張れないということで姑息手術の前倒し実施決定→12月中旬に姑息手術実施・成功→1週間集中治療室で様子見。毎朝7:30に面会。→落ち着いたので小児科病棟に移動。再び妻の付添入院開始。退院は年明け予定

という状況。ただでさえ大変な時期の赤ちゃんが更に酸素吸入や点滴などフル装備状態ということもありとにかくグズる、妻もどうしたら良いかわからない中で病室に缶詰めで精神的に参る、自分も仕事が順調でない中で無理矢理ほぼ毎日病院に通う、 「1週間ぐらいならいいでしょ」と思っていた個室代が最終的にはトータルで1か月分になる見込みで金額がヤバい など、なかなかのハードモードになっている。

集中治療室で使っていた麻酔や鎮静剤の影響か、傷が痛いのか、拘束されていた精神的ストレスか、赤ちゃんの表情がけわしくなっている状況。手術の影響でまだ全体にむくみもある。しばらくはまた通って少しだけでもフォローしないと。面会に行って1時間ぐらいいるだけでぐったり疲れるので、24時間一緒の妻は本当に大変かと・・・(赤ちゃんからまったく目が離せないので、食事もお風呂も落ち着いてできない)。まずはこのまま赤ちゃんの体調が落ち着いて退院できるよう、お世話に奮闘している妻をサポートするしかない。できる限り頑張ります。

 
一口馬主 ブログランキングへ

【育児】請求がどれだけになるのか見えない

全力フォローが多少なりとも効果があったのか、妻はだんだん落ち着いてきた様子。お見舞いの時に泣きだすことはなくなりました。今日は母乳も少し出たとのこと。良かった良かった。明日は妻のみ退院なので、迎えに行くことに。小児循環器の先生から赤ちゃんの現状についても説明を聞けるとのこと。今のところはチアノーゼも出てないように見えるので、「姑息手術の必要がない」ということだと良いけれど。なにぶん心臓なので手術する回数は少なければ少ない方が良い。かわいそうだし・・・
また、もしかしたらNICUから一時的に出してくれるかもしれないとのこと。そうなると出産以来の面会ができる。初だっこができるかもしれない。これは楽しみ。

明日は休みにして出生届けも出しに行く予定。会社の方には既に届けを出したので、保険証もそのうち送られてくる見込み。1か月NICU入院となると、10割の金額は相当なもの(100万とか)になると思われる。市の制度を使うのか、健康保険の制度を使うのか、あるいは難病とかで国の制度を使うのか、どれがベストなのかまだ見えていない。日本の医療制度は非常に優しいので、いずれにしても自己負担はたいした額にならないと楽観視している。むしろ妻の出産費用の方が高そう。出産は一律42万円の補助が出るけれど、土曜日の深夜に生まれたので割増料金だし、病室は個室だし。20万ぐらいオーバーしそう。明日の請求書が楽しみ(?)である。


さて、一口馬主ネタですが、本日の更新でルージュバックがジャパンカップに向かうということが発表されました!「こうなって欲しい!」と期待していた通りというか予想通りというか。ノーザンも大竹師もこのままでは終われないってことでしょう。ジャパンカップ行って休養、来年のドバイという王道ローテが見えます。なんとか体調を立て直して出走にこぎつけて欲しい!たぶん難しいけれど、できれば現地観戦したい!



一口馬主 ブログランキングへ

アクセスカウンター

    最新コメント